2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
新府桃源郷(山梨県)へ行って来ました♪
- 2007/04/14(Sat) -
『桃の花・春爛漫』

(1)
R070413_01.jpg

前々から一度は行っておきたかった、山梨県韮崎市にある「新府桃源郷」です。
真っ直ぐに向かったのか?って・・・真っ直ぐ行けたらいいのにね(笑)
それは3枚目に書くことにしましょうね。

とにかく、ここはいいところです。
「風林火山」で地元は盛り上がっているようで、ちゃんと駐車場が何箇所かに分けて用意されています。
菜の花やタンポポ、ホトケノザなども優しく迎えてくれるし、のんびりと散策するにはうってつけの場所です。

メインとなる撮影は勿論EOSを使いましたが、こちらの画像は全てサブで持っていったRICOHのCaplio R4で撮影をしました。
28-200㎜相当のズームを搭載したカメラですから、充分に一眼レフの代役を果たしてくれます。

画像はあと4枚あります。続きもご覧下さいね♪
この記事のURL | 撮影地ガイド | CM(6) | ▲ top
サクラソウを見てきました♪
- 2007/04/12(Thu) -
『田島ヶ原サクラソウ自生地』


  <<サクラソウ自生地入り口にて撮影>>

国の特別天然記念物に指定されている、彩の国・さいたま市(旧浦和市)田島ヶ原のサクラソウ自生地へ行って来ました。
ほんの偵察のつもりだったのですが、ちょうど見頃を迎えていました。
ここは毎年訪れていますが、やはりなかなかいいところだと思います。

画面では分かりにくいかもしれませんが、左奥にはJR武蔵野線の電車が走っているのが見えます。
ちょうど荒川を渡る鉄橋があって、電車と貨物列車とが交互に走っている感じです。


IMG_070412_02.jpg

今の時期ですと、辛うじてサクラソウとソメイヨシノのコラボが楽しめます。
かなり散り始めてはいますが、桜吹雪を楽しむのもまたいいでしょう。
奥には芝生広場もありますので、お弁当を広げるにはうってつけの場所です。
売店はありませんので、自前で用意して下さいね。


IMG_070412_03.jpg

お天気が良ければ、このように気持ちの良い青空の下でサクラソウを心行くまで見学(撮影)できます。


IMG_070412_04.jpg

コンデジで柵の外から腕をぐいっと伸ばしてノーファインダー撮影です。
一応、RICOHのR4は手ブレ補正がついているので、何とか見られる画像を撮ることが出来ました。


IMG_070412_05.jpg

駐車場があまり広くはないので、土日は早めに行かれる方がいいでしょう。
朝は7時に開門し、夕方は午後6時で閉門しますのでお間違いのないように・・・
閉門したら車は出られませんよ~(笑)

なお、私のもう一つのブログ「Digital Photo Gallery by ZEISS」に撮影した写真を掲載しています。
併せてご覧いただければ幸いです。
「Digital Photo Gallery by ZEISS」

田島ヶ原へのアクセスについては↓をご覧下さい。
田島ヶ原サクラソウ自生地
この記事のURL | 撮影地ガイド | CM(4) | ▲ top
蔵の街訪問記~栃木県栃木市~
- 2006/02/19(Sun) -
『蔵がさり気なく・・・』

IMG_060219_01.jpg

急に思い立って栃木市へ行って来ました。
何と20数年ぶりのことでした。
何で急にだったのかは、特に理由はありません。
いつもの、ただ何となく、というノリです(笑)

何となく行ったから、歩く道筋もすっかり忘れていました。
あっちフラフラ、こっちフラフラとしているうちに、道に迷っちゃいました(爆)
ところがよくしたもので、道に迷ったお陰?でこのような蔵に出会うことができました。
場所は・・・迷子になったからよく覚えたいませんが・・・
そば粉を販売しているお店なんですね。

写真点数があと4枚ありますので、久々に続きを読む形式にさせていただきますね♪
この記事のURL | 撮影地ガイド | CM(8) | TB(0) | ▲ top
冬桜を見て来ました!
- 2005/11/20(Sun) -
冬桜と紅葉を愛でに・・・

IMG_051119_01.jpg

久々に女房と二人でデートをしてきました。
冬桜を見たことがない彼女は興味津々だったようです。
午前中は埼玉県神泉村の城峯公園へ行き、満開の冬桜や紅葉を楽しんできました。
そして午後は、さほど離れていないところにある群馬県鬼石町の桜山公園へ向かいました。
お昼過ぎですから、さすがにお腹が鳴っていました(笑)


IMG_051119_02.jpg

桜山公園の駐車場にある食事処で食べたランチセットです。
暖かい饂飩にひじきご飯、味噌おでん、漬物・・・税込みで1,000円。
観光地にしては、まずまずのお味とお値段でした。


IMG_051119_03.jpg

桜山公園は冬桜の満開には少し早くて、主に紅葉を楽しんできました。
日本庭園のようなものもあったりして、結構楽しめる場所です。
光線状態は午後のほうがいいのですが、駐車場がすぐに満杯になって大変です。


IMG_051119_04.jpg

桜山からはぐるーっと周りを見渡すことが出来ます。
これはその一齣です。
ゴルフ場(多分、上武カントリークラブ)のカラマツ?の黄葉が面白くて撮影したものです。
別の方向の眺めもなかなかのものですよ、オススメです。


IMG_051119_05.jpg

お土産は「桜大福」です。
桜の花の塩漬けが乗っていて可愛らしい感じでした。
餡は普通のこし餡でしたが、ここは桜餡でいって欲しかったですね。
味ですか?普通でした(笑)

群馬県鬼石町は関越道「本庄児玉IC」を下りて左方向へR462を走ります。
鬼石町という標識に従って車を走らせると、やがて「桜山公園」という看板も見えてきます。
カーナビを搭載している方は、「桜山公園」をセットすれば大丈夫でしょう。
行かれる時は、くれぐれもご安全に!

あっ、駐車料金は一日500円ですよ。
それから遅く到着すると延々と駐車場待ちで入り口から最大2時間もかかるとか・・・
この記事のURL | 撮影地ガイド | CM(14) | TB(0) | ▲ top
尾瀬燧裏林道の草紅葉を訪ねる
- 2005/10/01(Sat) -
草紅葉への期待

紅葉には少し早いことは承知していました。
大江湿原の草紅葉が見頃との情報がはいりましたので、燧裏林道も見ごろであろうと
勝手に予測して家を出発しました。

東北道・西那須野塩原インターを下りて、尾瀬の玄関口である御池を目指します。
我が家からは、約4時間の道のりです。
燧裏林道は御池駐車場の奥から入っていきます。

IMG_051001_01.jpg

御池駐車場に着いたのは、朝の7時30分でした。
午前2時に起きて出発する筈が、不覚にも寝坊をしてしまいました。
予定よりも1時間30分もハンデを背負っての出発です。

この木は燧裏林道の入り口右側に立っています。
まずは尾瀬の秋を少しだけ感じ取ることが出来たような気がします。

IMG_051001_02.jpg

5分も歩けば、最初の湿原である「御池田代」に着きます。
何と「トリカブト」の花が咲いていました。
何だかちょっぴり危険な香りが・・・サスペンス劇場の見すぎか?(笑)
葉も花も結構痛んでいますね。


IMG_051001_03.jpg

暫く進むと一番広い湿原である「上田代」に到着です。
ここで来し方を振り返って見ました。
画面が傾いているように見えますが、ちゃんと水平はとってあります。
木道を見ればわかりますよね?
ここは撮影ポイントですから、少し時間をかけたいところです。
いろいろな被写体が出迎えてくれます。


IMG_051001_04.jpg

湿原には、やはり池塘が似合います。
ここは西田代です。
ここは、ほかの湿原よりも池塘が多く見受けられます。

一頻り「草紅葉」を撮影したら、次は今回の目的の一つである「三条の滝」を目指します。
三条の滝については、後日アップすることにします。

なお、燧裏林道の草紅葉の写真は、 Digital Photo Gallery by ZEISS にアップしてあります。
是非、ご覧下さい。
この記事のURL | 撮影地ガイド | CM(12) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。