2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ペンタックス、HOYAとの合併を断念
- 2007/04/11(Wed) -
『一体何があったのか?』

K10.jpg
    <<写真はペンタックスK10D(本文とは関係がありません)>>

昨日(4月10日)ペンタックスはHOYAとの経営統合を断念すると発表しました。
経営統合断念の理由は「社内事情及び株主を含む社外事情を総合判断した結果」としています。
ところが、詳細は明らかにはなっておらず、一日置いた今日になっても謎のままです。
同社の内部で一体何があったのか?

同時にHOYAとの経営統合を進めてきたとされる浦野文男氏が代表取締役社長執行役員を退きました。
浦野氏の退任については「社内の混乱の責任を取った。」というのが理由だそうです。
実際には取締役会において浦野氏の解任動議が出されていたことが明らかになっています。

カメラ事業はレンズを中心に好調なだけに冷水を浴びせることにならなければいいんですが・・・
スポンサーサイト
この記事のURL | カメラ | CM(4) | ▲ top
お散歩カメラをGET!
- 2006/09/16(Sat) -
『RICOH Caplio R4』

R4.jpg

前々から欲しかったお散歩カメラです。
条件は・・・600万画素以上の薄型でポケットに入り、高倍率ズームで手ブレ補正機能付、マクロ機能を備えていることです。
でも、最大の条件は価格で、2万円台前半であること。
虫がいい話かな?と思ったら、NTT-Xさんがやってくれました。

メルマガ登録しているので、時々は価格チェックを行っていました。
まあ、ここでは他にもいろいろと買ってはいるんですが、とうとうこのカメラが希望価格で販売されていたんですよ。
R5が出るので(もう出たのかな?)在庫処分なのかもしれませんが、いい買い物でした。

製品情報 / Caplio R4 | Ricoh Japan

記録メディアはSDカードですが、こちらは1GBのものをヤフオクで格安GET!です。
SD.jpg

一応、miniSDカードなんですが、きちんとSDアダプター付となっています。
万が一相性問題で使用できなくとも携帯で使えますから・・・(^ー^)v
結果は普通に使えましたので一安心です。

で、写りですが、この通りです。

RIMG0012.jpg

今日出かけてきた、いつもの光が丘公園です。
気持ちの良い青空が広がっていたんですが、俄に雲がモクモクと・・・
明日の天気はダメかなぁ(´ヘ`;) う~ん・・・


RIMG0005.jpg

萩の花をドアップで撮りました。
一応、1cmマクロということですが、そこまで寄ると枝に当って揺れてしまいます。
ほどほどのところでシャッターを押しましたが、まずまずの写りですね。

念願のお散歩カメラですから、これからは出かけるたびに持ち歩くこととなるでしょう。
この記事のURL | カメラ | CM(10) | TB(0) | ▲ top
ペンタックス・K10D
- 2006/09/14(Thu) -
『早くも1,020万画素機を発売!』

K10.jpg

というか、多分SONYの思惑?があって発売が10月になったんじゃないかと。
まあ、穿った見かたをすればという前提ですが・・・
とりあえず610万画素でスタートしたペンタのデジ一眼Kシリーズですが、これでαやKissDXに肩を並べることができますね。

防塵・防滴ボディ+ペンタプリズム+ゴミ除去機能搭載で、画素数以上にK100Dと差別化をはかっています。
デジタル専用の単焦点中望遠レンズ「DA 70mm F2.4 Limited」を発表したりと、これからのペンタックスの動向からも目が離せませんね。
この記事のURL | カメラ | CM(65) | TB(0) | ▲ top
キャノン EOS Kiss Digital X
- 2006/08/24(Thu) -
『1,010万画素CMOSと2.5型液晶を搭載』

kiss_X.jpg

とうとう発表されちゃいましたね~。
明らかにNikonのD80を牽制するかのような感じを受けました。
D80に遅れること一週間後の9月8日が発売日となります。

いずれにしてもエントリー機で1,000万画素オーバーとは驚きですね。
キャノンの場合は、いろいろなゴミ対策を装備してきたので、同時にSONYのα100をも牽制しているのでしょう。

他にも目新しいところでは、EOS30D同様にピクチャースタイルを搭載し、さらにAF測距点は9点となりました。
秒間3コマに変化はないものの、バッファが増えてJPEGで27コマ、RAWファイルで10コマまでの撮影が可能となりました。

実売価格では9万円だそうです。
さあ、あなたは買いかな?

この記事のURL | カメラ | CM(10) | TB(1) | ▲ top
Nikonの逆襲が始まる(2)
- 2006/08/10(Thu) -
『1,020万画素デジタル一眼レフ「D80」発表!』

Nikon_D80.jpg

ペンタプリズム、2.5型液晶、11点測距などを搭載したミドルレンジのデジタル一眼レフ「D80」が9月1日に発売されます。
とうとうこのクラスまで1,000万画素オーバーとなるNikonの今後に注目が集まります。
「D70s」の後継機といった位置づけだと思われますが、こうなるとCanonも安閑とはしていられないでしょう。

私が注目しているのは、ずばり「ファインダー」の進化です。
D70sでペンタミラーだったファインダーは、ガラスペンタプリズムが採用されました。
さらに、ファインダー倍率はD70sの約0.75倍から約0.94倍に拡大され、その見え具合の良さが予測できます。
どうもAPS-Cサイズの撮像素子を持つカメラのファインダー倍率はいただけないものが多いですから・・・

まあ、私はEOSユーザーでEFレンズもかなり揃えてしまったので乗り換えることはないとは思いますが、気になる存在であることは間違いないですね。
Canon以外のメーカーが頑張ってくれると、写真業界も活性化されることと思います。
特にコニカミノルタが去った今となっては。
この記事のURL | カメラ | CM(14) | TB(1) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。