2005 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2005 12
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
これ、欲しかったんだ!
- 2005/11/30(Wed) -
偏光サングラス

20051126203052.jpg

どおってことはありません、安物です(笑)
でも、モノは確かです。

車を運転していて「眩しいなあ!」と思うことがしばしばありました。
ちゃんとしたグラサンは高いし、そんなお金があればレンズ(カメラの)買っちゃうし・・・
ということで、ヤフオクで落としました。

これ、いいです!
運転していても鮮明に見えるし、特に夕陽(朝陽)に向かって走っているときに重宝します。
フロントウィンドウの写りこみは消えるし、外の妙な反射の軽減されるし・・・
あと気づいたのは、紅葉がとても鮮やかに見えること。
紅葉見物にオススメかも。
確かに、PLフィルターをつけて景色を見ているようなものですからね。

さて、かけた時の私の顔ですが、家族に言わせると・・・
「何だか危ない感じに見える」「ヤクザ、まんまヤクザ!」だって。
普段は柔和な顔をしているのにね、プンプン!!
スポンサーサイト
この記事のURL | 優れもの | CM(14) | TB(0) | ▲ top
都電荒川線の旅(その2)
- 2005/11/27(Sun) -
『面影橋から鬼子母神へ』

IMG_051126_01.jpg

面影橋から再び都電に乗って、次に下りた場所は鬼子母神です。
この近くには鬼子母神堂があるんです。
よく時代劇で耳にする「恐れ入りや(入谷)の鬼子母神」とは違いますよ(笑)


IMG_051126_02.jpg

駅から歩くこと1~2分でこのような場所に着きます。
ここから鬼子母神堂まで続く欅の並木道は一見の価値があります。


IMG_051126_03.jpg

5分ほど歩けば「鬼子母神堂」に到着します。
欅や銀杏の大木に覆われていて、鬱蒼とした感じがしますね。
でも、本堂のあたりは太陽がちゃんと当っていますよ。


IMG_051126_04.jpg

境内に入ってすぐ目に付くのがこれ!
何て言うんでしょうか、眼光が鋭くてビビリの私は一枚撮影しただけで退散です(笑)


IMG_051126_05.jpg

銀杏の大木です。
樹齢600年ということで、立て札には「公孫樹」と書いてありました。
これも「いちょう」と読むんでしょうか?
24㎜ではとても全部は収め切れません、17~40㎜を持ってくるべきでした。


IMG_051126_06.jpg

懐かし~い!
境内にて駄菓子屋さんを発見!!
昨年8月に日暮里で駄菓子屋さんの一角を訪ねて以来のことです。
今はもうなかなか見ることが出来ない光景ですね。


IMG_051126_07.jpg

ということで、やっと本堂に辿り着きました。
何だか閑散としていました。
時期によってはかなり賑わうんでしょうけれど・・・

さて、次回の「都電荒川線の旅」はいよいよお爺ちゃんとお婆ちゃんの
原宿こと、巣鴨のとげぬき地蔵です。お楽しみに!
この記事のURL | | CM(18) | TB(0) | ▲ top
マウント・アダプターを手に入れました♪
- 2005/11/26(Sat) -
レンズアダプター M42⇒CANON EOS

とうとう手に入れてしまいました、「禁断のマウント・アダプター」を(笑)

IMG_05112602_01.jpg

入手先はヤフオクで、本体と取り付け金具とセットで3,500円でした。
レンズカテゴリーには時々出品されていますので、目にした方もいらっしゃることでしょう。
M42(プラクチカ・マウント)のレンズ・・・代表的なものではペンタックスSP時代のねじ込み式のタクマーレンズ・・・
をキャノンEOSマウントに装着するためのアダプターです。


IMG_05112602_02.jpg

EOS10Dに「マウント・アダプター」を装着したところです。
私は艶消しブラック塗装のものを購入しました。
少しでも内面反射を防ぐためです。


IMG_05112602_03.jpg

実際に、SMCタクマー55㎜ f/1.8を装着してみたところです。
全く違和感はないですね。


IMG_05112602_04.jpg

CANONのロゴに、ASAHI.OPT.CO..のロゴが眩し~い(笑)
デジタル一眼レフに30年以上も前に設計製造されたレンズを装着する。
これが究極のリサイクルなり~(爆)
まあ、単なる「遊び心」ですな、うん。

今日は天気もいいし、早速撮影に出かけてみることにしましょう。

おっ、山茶花の花を見つけました。
解像度や発色傾向を見るのに、白い花は絶好の被写体ですね。


【SMCタクマー55㎜で撮影】

20051126134430.jpg

撮影データ:ISO100 f/1.8AE(SS1/4000秒) 0.0EV  最短撮影距離45cmで撮影

うーん、開放絞りの割には悪くはないですね。
むしろ、白がきちんと白く描写されているようです。
でも、気持ち青っぽい感じがするように思えます。


【EF50㎜ f/1.4USMで撮影】

20051126134421.jpg

撮影データは上と全く一緒です。
焦点距離5㎜の差が、花の大きさの違いになって表れたようです。
このレンズの方がコントラストがあって、やや暖か味のある描写をするようですね。
あと気づいたのは、0.5EVほど明るめに写っていますね。
全く同じのデータなんですが・・・


さて、花だけではよく分からないですので、中距離での描写の違いも見てみましょう。
いつもの光が丘公園へ向かいました。
背景に紅葉している木があるベンチを見つけました。
ここで撮影してみることにします。

【SMCタクマー55㎜で撮影】

20051126134448.jpg

撮影データ:ISO100 f/5.6AE(SS1/350秒) -1.5EV

諧調再現力も悪くはないですね。
ただ、やはり青味が少々出るような発色傾向ですね。


【EF50㎜ f/1.4USMで撮影】

20051126134441.jpg

撮影データ:ISO100 f/5.6AE(SS1/250秒) -1.0EV
やはりEOSのレンズの方が、発色は暖かい傾向でコントラストもありますね。
これは設計が新しいこともあると思いますが、好みにもよるでしょうね。
むしろ人物撮影には向いているかもしれません。

【モノクロバージョン】⇒クリックすると大きな画像になります。
20051126193932.jpg


今回は、比較する上でレンズを二本持ち出しましたが、実はM42マウントのレンズはもう一本持っています。
それは、スーパータクマー28㎜ f/3.5です。
機会があれば、EF28㎜ f/1.8USMと撮り比べてみたいですね。

マウントアダプターを使って古いレンズで撮影するのはとても楽しいです。
アルバイトで苦労して、やっとの思いで手に入れたレンズをデジタル一眼につけて蘇らせるわけですから
こんなに嬉しいことはありません。
これからも機会があれば、どんどん持ち出して撮影してみたいですね。
この記事のURL | 写真用品 | CM(18) | TB(0) | ▲ top
私の好きな映画(洋画その3)
- 2005/11/25(Fri) -
BABE(ベイブ)

愛と勇気と挑戦と・・・

BABE003.jpg

1996年に日本で公開され、ご覧になった方も多いと思います。
ビデオのパッケージから作品の概要を抜き出してみることにしましょう。

『イギリスの作家D.K.スミスの童話の映画化で、アカデミー賞主要7部門にノミネートされた、本格的ファミリー・エンタテインメントです。
 ホゲットさんの農場にやってきた仔豚のベイブは、世の中の掟と自分の運命を知らされます。でも、無垢で純真なベイブは、犬や羊たちと素直に心を通わせることによって立派に「牧羊豚」としての務めを果たし、ついに牧羊犬コンテストに出場、そして・・・。
運命なんて頑張ればいくらだってかえられる。話し合えば誰とだって仲良くなれる。「ベイブ」は人間社会が忘れがちな大切なことを教えてくれる、優しさにあふれた作品です。』


本当にいい作品だと思います。
ともすると現代はギスギスとした人間関係が表に出てしまうことが多いですよね。
それは話し合うことがなく、お互いを理解しようとしないことが原因であることが多いと思います。
そういった人間社会への警鐘としても、この映画の存在意義は大きいと思います。

まだ見たことがない!と仰る方へ・・・
是非見てください。決して失望はさせません・・・
この記事のURL | 映画 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
都電荒川線の旅(その1)
- 2005/11/23(Wed) -
早稲田から面影橋へ

IMG_051123_01.jpg

「Digital Photo Gallery by ZEISS」で予告しましたように、これから何回かに分けて都電荒川線の旅を掲載していきます。
第一回は、起点の「早稲田」から「面影橋」です。

早稲田は、あの有名な早稲田大学があるところですね。
といっても、今回は早稲田界隈は歩いていませんので悪しからずm(__)m



IMG_051123_02.jpg

これを忘れてはいけません。
まずは車内で400円を払って購入しましょう。
都電の基本料金は160円ですから、三回乗り降りすれば元はとれますよ。



IMG_051123_03.jpg

ちょうど三ノ輪橋行きの電車が入線してきました。
まずはこれに乗って、お隣の面影橋に向かうことにしましょう。



IMG_051123_04.jpg

歩いてもすぐのところにある「面影橋」の駅です。(笑)
今の若い人は知らないと思いますが、往年のフォーク歌手である及川恒平さんが「面影橋」という曲がヒット(ごく一部・・・)して有名になったところです。



IMG_051123_05.jpg

これが面影橋です。
「面影橋の由来」という案内板がありましたので、それを引用することにします。

『目白台から続く鎌倉街道と推定される古い街道沿いにあり、姿見の橋ともいわれていました。
 橋名の由来には諸説あり、高名な歌人である在原業平が鏡のような水面に姿を映したためという説、鷹狩りの鷹をこのあたりで見つけた将軍家光が名付けたという説、近くにいた和田靭負(ゆきえ)の娘であった於戸姫(おとひめ)が、数々の起こった悲劇を嘆き、水面に身を投げた時にうたった和歌から名付けられたという説などが知られています。
 なお、姿見の橋は面影橋(俤の橋)の北側にあるもので、別の橋だという説もあります。』


う~ん、勉強になりますねえ。
この記事のURL | 写真 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
JPEG画像を軽くする!
- 2005/11/22(Tue) -
Jpeg Resizer

20051120100215.jpg

ブログに写真を掲載する場合、リサイズは「Irfan View」というソフトを使っています。
gooのブログを運営していた時にご紹介したことがありますので、ご記憶のある方もいらっしゃることでしょう。
その時の記事は、旧「写真ざんまい!デジタルざんまい!」でご覧いただくことができます。

「Irfan View」は画像圧縮率を自由に指定できるし、Exif情報も保持されるのでとても重宝しています。
ところが、出来上がるファイルサイズを予測することは出来ません。

FC2ブログの場合、画像ファイルの上限は250KBです。
紅葉や風景などの場合、ともすればサイズオーバーとなってしまうことがあります。
ブロードバンド全盛とはいえ、環境によっては写真ブログは重く感じるのは周知の事実ですね。

画像のサイズ(640×480ピクセル)を保持したまま、ファイルサイズを軽く出来るものはないかなと探していました。
ありました!この「Jpeg Resizer 」です。

使い方は簡単です。
起動して、圧縮元画像と再圧縮画像に画像ファイルごとドラッグ&ドロップします。
上限サイズに数値を入力し、基本的に上書きしますから、・・・(上書き)にチェックマークを入れて「処理開始」ボタンをクリックすれば完了です。
あ~ら簡単!(笑)

作者はkuraさんという方で、kura softwareというホームページで公開されています。
フリーウエアで、現在のバージョンは1.25となっています。

但し、改良して欲しいなと思うことが一つだけあります。
それは、Exif情報が消失してしまうので、保持できるモードを設けて欲しい点ですね。
まあ、ファイルサイズを軽くすることが主眼のソフトですから仕方がないのかもしれませんが・・・
この記事のURL | ソフトウエア | CM(10) | TB(0) | ▲ top
冬桜を見て来ました!
- 2005/11/20(Sun) -
冬桜と紅葉を愛でに・・・

IMG_051119_01.jpg

久々に女房と二人でデートをしてきました。
冬桜を見たことがない彼女は興味津々だったようです。
午前中は埼玉県神泉村の城峯公園へ行き、満開の冬桜や紅葉を楽しんできました。
そして午後は、さほど離れていないところにある群馬県鬼石町の桜山公園へ向かいました。
お昼過ぎですから、さすがにお腹が鳴っていました(笑)


IMG_051119_02.jpg

桜山公園の駐車場にある食事処で食べたランチセットです。
暖かい饂飩にひじきご飯、味噌おでん、漬物・・・税込みで1,000円。
観光地にしては、まずまずのお味とお値段でした。


IMG_051119_03.jpg

桜山公園は冬桜の満開には少し早くて、主に紅葉を楽しんできました。
日本庭園のようなものもあったりして、結構楽しめる場所です。
光線状態は午後のほうがいいのですが、駐車場がすぐに満杯になって大変です。


IMG_051119_04.jpg

桜山からはぐるーっと周りを見渡すことが出来ます。
これはその一齣です。
ゴルフ場(多分、上武カントリークラブ)のカラマツ?の黄葉が面白くて撮影したものです。
別の方向の眺めもなかなかのものですよ、オススメです。


IMG_051119_05.jpg

お土産は「桜大福」です。
桜の花の塩漬けが乗っていて可愛らしい感じでした。
餡は普通のこし餡でしたが、ここは桜餡でいって欲しかったですね。
味ですか?普通でした(笑)

群馬県鬼石町は関越道「本庄児玉IC」を下りて左方向へR462を走ります。
鬼石町という標識に従って車を走らせると、やがて「桜山公園」という看板も見えてきます。
カーナビを搭載している方は、「桜山公園」をセットすれば大丈夫でしょう。
行かれる時は、くれぐれもご安全に!

あっ、駐車料金は一日500円ですよ。
それから遅く到着すると延々と駐車場待ちで入り口から最大2時間もかかるとか・・・
この記事のURL | 撮影地ガイド | CM(14) | TB(0) | ▲ top
またレンズを・・・
- 2005/11/19(Sat) -
キャノンEF100~300㎜ f/4.5~5.6 USM

IMG_051119.jpg

毎度毎度の物欲の塊りZEISSですよ~(爆)
以前から一本はあってもいいなと思っていたレンズです。

撮影の目的によってレンズは変えて持って行きますが、一本でこの焦点レンジをカバーするものは持っていませんでした。
タムロンの28~300㎜という選択もありますが、やはりここはEOSユーザーの私です!
リングUSMの静粛で俊敏なAFと、フォーカスロック後にピントの微調整が可能となる「フルタイムマニュアルフォーカス」機能が必要なんです~♪

それと、購入した目的の一つに羽田空港の飛行機撮影があります。
2月に行ったのですが、フェンスに開いている小窓に白レンズを突っ込むことは出来ないんですよ。
これならスリムだし、OKのようですね。(EF24~85㎜でテスト済みです)

まだまだ理由は他にもあります。
このクリスマス前後に雪国「岩手県」へ行きますが、そのためでもあります。
寒い時に重装備(鉄アレイ君=EF70~200㎜)を持っていきたくないのと、雪に濡らしたくない・・・白レンズを濡らしたり、凍結させたくありませんよね。
今回は24~85㎜とのペアというお気軽な装備で出かけることにします。

今回も入手先はヤフオクです。
通常は15,000円以上の高い金額で取引されていますが、これは即決価格が10,000円以下でした。
現品はご覧の通りに美品とも言えるもので、ズームリングも白く粉を吹いてはいません。動きもスムーズで、テスト撮影しても何ら問題もなかったのでいい買い物でした。

これで、レンズの本数が・・・あれ?何本になったんだろう・・・
防湿庫は満杯で、もうこれ以上入れる余地はありません(笑)
これで物欲も暫くは頭を擡げないことでしょう。
(と言いながら、写真関係ではないものを落札しましたが)

キャノンEF100~300㎜ f/4.5~5.6 USM
この記事のURL | レンズ | CM(8) | TB(0) | ▲ top
私の好きな映画(洋画その2)
- 2005/11/16(Wed) -
『大脱走』

051116_01.jpg

言わずと知れた「名作」ですね。
おっと、価格がばれちゃった(笑)
いい時代になったものです・・・1,000円以下で名画をDVDを購入できるのですから。


051116_02.jpg

この映画に多くの説明は必要がないと思います。
豪華なキャスト、空前絶後の脱獄とどれをとっても一級品の映画です。

実は、私はマックィーンのファンなんです。
バイクの逃走シーンは息を呑む迫力ですね。

全編を通して言えることは、「男の友情」でしょうか?
勿論、異論はあるとは思いますが・・・
それそれに感じることはあるでしょう。
この記事のURL | 映画 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
ホワイトバランスの違い
- 2005/11/13(Sun) -
マニュアル設定がベスト?

下の二枚の写真を見て、皆さんはどのように感じたでしょうか?


IMG_051113_01.jpg



IMG_051113_02.jpg

上の写真はクールな感じで、下の写真には暖か味を感じたのではないでしょうか?
一枚目はオートホワイトバランスで撮影し、二枚目は晴天マーク(太陽光)に合わせて撮影したものです。

個人的には二枚目のほうが実際の色に近く、好みでもありますね。
この日は私には珍しくRAWで撮影しましたので、どうにでもなると言えばどうにでもなるんですが・・・

例えば紅葉の写真ですが、どうも赤の発色が冴えないと感じたら、晴天マークにしてみませんか?
極論を言えば、曇りのマークにしてアンバー系を強めて深みのある色を出すことも可能です。

折角のデジタルですから、いろいろな組み合わせで、ベストの色を出すようにしてみましょう!

撮影地:埼玉県新座市「平林寺」
撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM
この記事のURL | 写真 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
こんな物を買いました!
- 2005/11/12(Sat) -
【エクステンダーEF1.4×】

IMG_051112_01.jpg

毎度!物欲の塊りZEISSです(笑)
前から欲しくて欲しくてたまらなかった、テレコンの1.4倍のものです。
「あれ?2倍のテレコン持ってんじゃん!」と言うことなかれ!
目的が違うのです。

確かに2倍のテレコンで、1.4倍のテレコンが作り出す合成焦点距離は出せますよ。
でも、絞り開放時の画質や露出倍数が2倍(シャッタースピードでは1段、絞りでは1絞り)で済むメリットは
計り知れないものがあるんです。

では、実際に写真で見比べることにしましょう。
風が吹いていたので、被写体ブレには目をつぶって下さいね。
マスターレンズは、EF70~200㎜ f/2.8L USMで、お気に入りのレンズです。
というか、エクステンダーを装着できるレンズはこれしか持っていません(爆)


(1)レンズ単体で撮影(焦点距離200㎜)

IMG_051112_02.jpg



(2)1.4倍テレコンを装着して撮影(焦点距離280㎜)

IMG_051112_03.jpg



(3)2倍テレコンを装着して撮影(焦点距離400㎜)

IMG_051112_04.jpg



では、1.4倍と2倍テレコンの画質比較です。
2倍では280㎜となる筈が、微調整は難しくて290㎜になりました。
どちらも開放絞りですから、1.4倍ではf/4.0、2倍ではf/5.6となっています。


(4)2倍テレコンを装着して撮影(焦点距離290㎜)

IMG_051112_05.jpg

(2)と(4)を比較してみて下さい。
特に左側の幹を見ると、明らかに1.4倍のテレコンのほうが画質が上ですね。
幹は太いので、被写体ブレは生じていません。

実際には、開放絞りで撮ることは稀かもしれません。
でも、ギリギリの露出の場合は開放で撮りますから、1.4倍のエクステンダーが必要だったんです。

私が購入したのはⅠ型とでも言うべき前期モデルです。
購入先は、中野のフジヤカメラです。
ヤフオク以外では、殆どの機材はここで仕入れています。
Aランクの中古品で、ヤフオクの取引価格よりは安かったですよ。

現在はⅡ型になっていますが、参考までにメーカーのURLを貼り付けておきますね。
EXTENDER EF1.4×Ⅱ
この記事のURL | レンズ | CM(6) | TB(0) | ▲ top
レンズを買っちゃいました!
- 2005/11/05(Sat) -
キャノン EF50㎜ f/2.5コンパクトマクロ

IMG_051105_01.jpg

先月のEF28㎜ f/1.8USMに引き続き、買ってしまいました。
入手先はヤフオクです。
勿論、勢いでした(笑)

希望落札金額が安くて、一発落札と相成りました。
手元に届いてチェックをすると、キズもなくAランクといったところでしょうか。
とってもお買い得な商品でした。

写真ではホコリがたくさんついているように見えますが、これは太陽光が直接当っているからです。
現品は綺麗なものですよ。

これは等倍撮影が可能となる、ライフサイズコンバーターを装着した状態です。
結構、体積は大きいですね。


IMG_051105_02.jpg

レンズ単体では、このような大きさです。
これならコンパクトと言っても差し支えはないと思いますが・・・
個人的には等倍撮影できるシグマレンズの方がいいと今でも感じています。
単体では1/2倍でしか撮影することができませんし、USM仕様でもありません。


IMG_051105_03.jpg

これが等倍撮影を可能とさせるライフサイズコンバーターです。
いちいち装着するのは面倒ですが、等倍撮影する時だけ使えばいいわけです。
そうそうは等倍撮影もやることはないので、中間リングを代用しても構わないと思います。

と思いきや、中間リングよりは専用のコンバーターの方がスムーズに撮影できますね。
諦めて撮影時には持っていくことにします。

では、実際に撮影したもので比較してみましょう。


【撮影倍率:1/2倍】
IMG_051105_04.jpg

直径が6㎜程度の種(実?)ですが、1/2倍でも結構大きく写すことは可能です。


【撮影倍率:等倍】
IMG_051105_05.jpg

さすがに等倍は大きく写すことができます。(当たり前か・・・)
ライフサイズコンバーターの貢献度は大ですね。
でも、装着がメンドイなあ・・・

まあ、縁があって我が家に来てくれたレンズですから、これからは接写に、通常撮影にと活躍してくれるでしょう。



IMG_051105_06.jpg

では、最後に作品らしきものを・・・「ホトトギス」です。
90㎜マクロや望遠ズームに中間リングを装着して撮るよりも楽ですね。

キャノン EF50㎜ f/2.5コンパクトマクロ
この記事のURL | レンズ | CM(6) | TB(0) | ▲ top
ヤフオクの詐欺メールに注意!
- 2005/11/02(Wed) -
気をつけよう!

相変わらず、フリーメールを使った詐欺メールが来ます。
それも×××@yahoo.co.jp宛にです。
勿論、私はひっかかったりはしませんが、「シメタ!」などと思っている人がいたらご用心。
全て詐欺ですよ。

気をつけなくてはいけないことには、中には住所と名前を明らかにしたメールもあります。
だからといって信用してはいけません。

以下は実際にきた詐欺メールの全文です。(HNは伏字にしてあります)

はじめまして、私はYAHOOオークションのCANON キャノン EF 28-70mmf2.8L の出品者の×××です。
この度落札者の○○○○様の突然のキャンセルにより
入札者の方に個人販売と言う形で再度購入の意思があるかとメールを送らせて頂きました。

キャンセル理由と致しましては、購入をしたくて入札をして、落札したらしいのですが、家族の事情により急にお金を使えなくなってしまったとの事なのです。

詳しい事情までは私も聞きはしませんでしたので、はっきりとはわかりませんが、家族の事情であればと仕方がなくキャンセルをお受けいたしました。

という理由で入札して下さった、上位様に一応メールを送ってみました。
当方と致しましては都合上、YAHOOオークションへの再出品は検討しておりません。

この度の最高落札金額は¥71,000円でしたが、送料込みで¥67,000円にてお譲りしたいと思っております。
料金に関しましても当方で送料負担の上、消費税や手数料につきましても、
個人取引になりますので一銭も頂きません。

ご購入希望、またご質問のある方はお気軽にご連絡下さい。
当方と致しましてはお互いにスムーズなお取引ができる事を希望致します。
大変恐縮致しますと共に前向きな御検討宜しくお願い申しあげます。
それでは、ご連絡お待ちしております。
宜しくお願い致します。


本当に落札者がキャンセルしたならば、落札者を削除した上で次点者を繰り上げます。
ヤフオクからきちんとした形で、「次点者として繰り上がったがこれを受けるか?」というような連絡がきます。
それならば、まあ安心なんですがね。

皆さん、絶対にひっかかっちゃダメですよ!
この記事のURL | その他 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。