2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
尾瀬、その3
- 2005/07/28(Thu) -
「燧裏林道-追記」

昨日は「燧裏林道」についてご紹介しましたが、不完全燃焼というか、あまり紹介記事になっていなかったような気がしました。
そこで、追記という形で再度ご紹介することにします。
今回は写真点数が11点と多いので、続きを読む形式にさせていただきます。

【御池田代】

IMG_050728_01.jpg

御池駐車場を奥に進むと登山道があります。
そこを入っていくと途中で分岐がありますが、右側の三条の滝方面に向かいます。
すると間もなく、この御池田代に到着します。
これはちょうど林を抜けて最初に目にする光景です。


IMG_050728_02.jpg

ここは、咲いている花の数は多くはありませんが、ご覧のようにニッコウキスゲ・アザミ・コオニユリ・ワタスゲなどがあります。
特にアザミとコオニユリが目立っていました。
この御池田代の終わりのところには水芭蕉があって、シーズン中はさぞや見事だろうなと想像させてくれます。

ここから先に進もうとした時に、急に雨が降り出してきました。
とりあえず折り畳み傘を広げて先を急ぐことにしました。

あと9枚掲載しています、続きも読んで下さいね。
【姫田代】

IMG_050728_03.jpg

雨もいつしか上がりました。
次に現れるのが、この姫田代です。
可愛らしい名前ですが、ここはさほど広い湿原ではありません。
だから姫なんでしょうか?


IMG_050728_04.jpg

ワタスゲが目に付く場所でした。
ぼやけて写っていますが、赤紫色の小さな花はアサヒラン(朝日蘭)で、サワラン(沢蘭)という別名を持っています。
このアサヒランは尾瀬沼方面でもよく見かけました。



【上田代】

IMG_050728_05.jpg

ここはかなり広い湿原です。
休憩できるベンチも二箇所に分かれて設置されています。
標高は1620mとのことです。


IMG_050728_06.jpg

急にガスってきました。
でも、雨がふりそうな気配はありませんでした。
ここは奥にある白樺(ダケカンバ?)に特徴があって、これを絡めるとなかなか雰囲気のある風景写真を撮ることができます。
ここもワタスゲが多いところです。


IMG_050728_07.jpg

あれー、急に暗くなってきましたね。
「やばいよ、やばいよ!」にならなければいいんですが・・・
この時は、台風7号の影響だとは思ってもいませんでした。
まだ南のはるか遠くの海上にあるものだと思っていましたから。



【横田代】

IMG_050728_08.jpg

次に現れるのが、この横田代です。
ここもワタスゲが多いところでした。


IMG_050728_09.jpg

ワタスゲが風に靡いているのがお分かりでしょうか?
風が吹くと撮影しにくくなりますが、このワタスゲは風を表現することができます。
この時は左から右へ吹いていました。(見れば分かるよ!って・・・)



【西田代】

IMG_050728_10.jpg

ここから先は、かなり歩かないと次の湿原は現れてくれません。
時間がない方や足に自信がない方は、ここから引き返したほうがいいかもしれません。
かくいう私も時間がありませんでしたので、ここで引き返しました。


IMG_050728_11.jpg

ここは小さな池が多く点在していて、このようにワタスゲと絡めるにはうってつけです。
ここまで来ると木道は一本になる箇所が多く、譲り合いの精神が必要です。
当たり前のことですが、登りの人が優先となります。

このように、「燧裏林道」は人影もあまりなく、静かに散策や撮影を楽しむことができます。
なお、尾瀬はツキノワグマの生息地でも知られています。
このルートは人通りが少ないため、クマと遭遇する確率も高いかもしれません。
クマ除けの鈴というか鐘は必須アイテムでしょうね。
出来れば複数の人間で行動したいものです。
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(12) | TB(0) | ▲ top
<<尾瀬、その4 | メイン | 尾瀬、その2>>
コメント
- ほんとだ -

尾瀬なのに人が見えませんね。
先日のアリの行列のような人が嘘のようです(^^)
できればこういうところをノンビリ散策してみたいものですね
2005/07/28 06:20  | URL | しーたけ #-[ 編集] |  ▲ top

- しーたけさん -

本当に人はまばらです。
次回は、ここを通って「草紅葉」を見ながら、「三条の滝」を目指すつもりです。
独りではちと怖い(笑)
2005/07/28 09:19  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- 素晴らしい~ -

ZEISSさんの旅行記(といっていいのかな?)は旅行雑誌を読むより楽しいです(^^)
尾瀬はほんとに素晴らしい所ですね~
風に吹かれて草の香りがしてきそうだわ。
何より涼しそうなところがいいです(;´д`)ゞ アチィー!!
2005/07/28 15:55  | URL | riri #.Yy.42bw[ 編集] |  ▲ top

- ririさん -

ありがとうございます。

尾瀬は本当にステキなところです。
といっても沼山峠から尾瀬沼周辺と燧裏林道の一部しか行っていませんから
大きな口は叩けませんが。

とにかく涼しかったですよ~
汗をかいても、スーっと引いていく感じがいいですね。
2005/07/28 19:53  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- 静寂 -

静かな湖畔の。。じゃ無くて、高原ですが、本当に静かな時が流れていて好きです。

自分の行動する場所は全て音に溢れ、耳と頭を休ませるのはとても困難。

先日出かけた高原もとっても静か。
しかし、決して無音ではなく、心地よい音色が聞こえていました。
2005/07/28 20:26  | URL | ふん転菓子 #F1fVxx/w[ 編集] |  ▲ top

- ふん転菓子さん -

>先日出かけた高原もとっても静か。
ということは、鳩待峠からのアプローチでもない。
えっ、大清水?あそこはきつそう・・・
まあ、近日全貌が明かされることでしょう(笑)
2005/07/28 21:28  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- TB -

先ほどニッコウキスゲでTB掛けました。
m(__)m

これで全貌が明らかに。
2005/07/28 21:56  | URL | ふん転菓子 #F1fVxx/w[ 編集] |  ▲ top

- 熊がでるの~? -

このガスった雰囲気で熊が出るなんて聞いておまけに一人だったら・・・。
ちょっと尾瀬が怖くなっちゃったよ~。
2005/07/28 22:37  | URL | EAGLE #-[ 編集] |  ▲ top

- ふん転菓子さん -

了解です~

さっき見に行きました。
霧が峰とは思いもよりませんでした(笑)
2005/07/28 23:03  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- EAGLEさん -

出そうな感じでしょう?
目撃情報もあるとか・・・怖ッ!

次に行くときは、友人を先頭に立てて行きたいと思っています(爆)
2005/07/28 23:05  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- 涼しそう -

爽やかな草原、涼しそうですね。標高1600mでしたらかなり涼しいかも。ちなみに上高地は1500mくらいですからね。
やっぱり標高が高いといろいろな植物があっていいですね。
今回の写真を見ると、またまた九重に行きたくなりました。(^^ゞ
2005/07/28 23:13  | URL | ふみ #-[ 編集] |  ▲ top

- ふみさん -

8月になろうというのに、この涼しさは凄かったですよ。
勿論山登りは汗をかきますが、それがスーっと引いていくような感じでした。

泊まった桧枝岐も、涼しさを通り越して肌寒さを覚えたほどです。
この時期に、布団にくるまって寝るなんて(笑)
2005/07/28 23:18  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://zeiss1221.blog7.fc2.com/tb.php/105-f5531274
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。