2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
桧枝岐の味
- 2005/08/02(Tue) -
「裁ち蕎麦・はっとう」

IMG_050802_01.jpg

桧枝岐といえば蕎麦です。
この「裁ち蕎麦」とは、つなぎをまったく使わない純生そばです。
畳むと割れてしまう生そばを2ミリ程の厚さに延ばし、丸いまま何枚も重ねて裁つように切ることから「裁ち蕎麦」と
呼ばれるようになりました。

私が注文したのは、この「裁ち蕎麦」セットです。
右側にあるのが「はっとう」です。


IMG_050802_02.jpg

「はっとう」はほんのりと甘く、もちもちとした食感があります。
そば粉ともち米で作ったのし餅をくず餅程度の大きさに切り分け、ごま、くるみ、砂糖、しょうゆで作った甘いたれを
かけて食べます。

実はこの変わった名前には由来があります。
寒冷で平地の少ないこの桧枝岐村では稲の栽培は簡単には出来ません。
ですから、この土地ではそばが主食となります。
もち米や砂糖、木の実をふんだんに使った「はっとう」が食べられるのは祝い事があったときだけです。
あまりにも美味しいことから、祝い事以外では村人が食べることを禁止されました。
ご法度ということです。
そっから「はっとう」という名がつけられたとのことです。

確かに素朴な甘さがあり、美味しく感じられました。
前の晩に泊まった民宿でも出されましたが、もう一度食べたくなって注文したんです。

ほかにも桧枝岐村には「山人料理」(やもーどりょうり)というのがあります。
これにつきましては、またの機会に譲ることにします。

スポンサーサイト
この記事のURL | 美味しいもの♪ | CM(14) | TB(0) | ▲ top
<<気持ちが優しくなる本 | メイン | 「竜の門の滝」訪問記>>
コメント
- 食べ物の名前の由来 -

つい30分くらい前に帰宅したのですが、晩御飯抜きだったので、美味そうなそばの写真にくらくらしております。(^_^;)

食べ物の名前にも、色々な由来があるのですね。「はっとう」はご法度からですか・・・その土地の事情から生まれた食べ物には、何であれ意味のある名前が付いているものですね。

2005/08/02 01:17  | URL | オクトパス7号 #E6kBkVdo[ 編集] |  ▲ top

- おいしそう -

そばやうどんって美味しいですよね。
はっとうもおいしそう。
こちらは濡れ煎餅ならぬ濡れおこしみたいなかんじでしょうか。

歳をとってきたせいか(^^;たまにはボリューム満点こってりお肉もいいのですが、こういう方が好みかもしれません(笑)
2005/08/02 07:28  | URL | しーたけ #-[ 編集] |  ▲ top

- オクトパス7号さん -

遅くまでのお仕事、お疲れ様です。
はっとうはもう一説には、殿様が食べて旨かったから、「お前ら民は食うのはご法度だ」というのもあります。
いずれにしても、そうそう口には出来なかった食べものだったわけですね。
2005/08/02 09:12  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- しーたけさん -

ここの蕎麦は文句なしに旨いです。
本当に久しぶりに蕎麦らしい蕎麦を食べたという気になりました。

はっとうは、どちらかといえば餅に近いですよ。
それにごま、くるみ、砂糖、しょうゆで作った甘いたれをつけるんです。
素朴で美味しい食べ物です。
2005/08/02 09:14  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- -

いや~、おいしそうですね。
ラーメン等の私ですが関東での生活で他の麺類も好きになりました。
群馬のときは水沢うどん。
栃木の時にはそばです。
特に万願寺というところの門前の蕎麦屋は忘れられません。どじょうのから揚げを食べたのもここが初めてです。北海道はどじょうを食べることがありませんから。
そばは本州には負けますね。
2005/08/02 11:15  | URL | N2 #-[ 編集] |  ▲ top

- N2さん -

ここの蕎麦は絶品ですよ。
つなぎを使っていませんから、本当の純生蕎麦なんです。
そして水が美味しいから、茹で上がった時の味もひとしおです。

やはり日本人ですから、麺類は大好きです。
蕎麦に限らず、饂飩、ラーメンetc・・・

水沢うどん、いいですね。
船尾滝を見に行ったら、必ず食べに行きます。
車で10分ほどの場所ですからね。
あの透明感がいいです。
2005/08/02 12:20  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- 蕎麦 -

蕎麦大好きな、ふん転菓子です。
最近これ呑んでます。↓

伊藤園の韃靼蕎麦茶。
http://www.itoen.co.jp/products/kobetsu.php?id=2

麦茶沢山飲むと胃部不快になりますが、何故かこれだと平気です。
2005/08/02 16:00  | URL | ふん転菓子 #-[ 編集] |  ▲ top

- ふん転菓子さん -

蕎麦茶はいいですね。
天然ルチンは入っているし、ふん転菓子さんが書いているように、飲んでも膨満感がありません。
何ででしょうね?
吸収がいいんでしょうか。
2005/08/02 18:38  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- 蕎麦湯 -

はっとうなんて初めて聞きました。
私こういう素朴な感じの好きなんですよ。
食べてみたい!

ところでちょいと質問ですが蕎麦湯ってどうやって飲むんですか?
2005/08/02 21:13  | URL | EAGLE #-[ 編集] |  ▲ top

- EAGLEさん -

普通、「はっとう」を知っている人は奥会津へ行ったことがある人くらいですよ。
素朴な味で、日持ちがしないようです。
地方発送なんてやっているんでしょうかね?
現地では聞いたことがないようですが。

蕎麦湯の飲み方ですが・・・

蕎麦は生育する途中で様々な栄養素を自身の中に蓄えます。
ビタミンCが多いなんて信じられないかもしれませんが、これは紛れもない事実です。
それらビタミンは蕎麦を茹でるときにお湯に溶け込んでしまうんです。
ですから蕎麦湯には、茹でるときに溶けこんだ栄養分が沢山含まれています。
そして蕎麦粉の風味も含まれているんです。

では蕎麦つゆはどうでしょう。
醤油、かつおぶしなど、ダシに必要な旨み成分を多く使っていますね。
それをそのまま飲んでみると、当然のことながらながら辛いというかショッパイですね。
蕎麦を食べ終わってから蕎麦湯をつゆに混ぜることで、旨み成分が丁度いい濃さになります。
と同時に蕎麦湯の栄養分を取ることもできます。
これが蕎麦湯を楽しむ醍醐味なんですよ。
長くなっちゃいましたが(笑)
2005/08/02 21:28  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- 蕎麦湯 -

南会津の蕎麦ですね。
私は、山都(西会津)の蕎麦がお気に入りです。
今度は、只見の帰りに寄ってみたいです。

ところで、蕎麦湯ですがこれは、冷たい蕎麦(ざる蕎麦、もり蕎麦系)を食べた後、蕎麦を茹でたお湯(これが蕎麦湯ですよね)をそばつゆで少し味付けして飲むものです。人によっては、蕎麦湯をそのっま蕎麦ちょこで飲む方もいるようですが、味が無いので少しつゆを入れたほうが美味しいです。

ただし、蕎麦を食べるときにわさびや七味を入れた後だと辛すぎて飲めないこともありますので、そこら辺を考えて適量に抑えておくことも重要です。
2005/08/02 21:36  | URL | きつねのるーと #-[ 編集] |  ▲ top

- きつねのるーとさん -

山都の蕎麦は食べたことがないです。
というよりも山都には行ったことがありません。

会津は米どころ・酒どころとして有名ですが、このようにかつては蕎麦くらいしか作れない場所があったんですよね。

蕎麦湯は多めに運ばれてきますが、蕎麦つゆ自体に結構塩分が多く含まれていますので、つゆの量はほどほどにしておくのがいいですね。
2005/08/02 21:45  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- 蕎麦湯 -

そうですよね、やっぱつゆを混ぜるんですよね。
そのままじゃ美味しくないしつゆを入れて良いものかどうか悩んでました。
解決!
ZEISSさん、きつねのるーとさん、有難うございました。
本当に寝ます!オヤスミナサイ。
2005/08/03 00:10  | URL | EAGLE #-[ 編集] |  ▲ top

- EAGLEさん -

どういたしまして~。
おやすみなさい!
2005/08/03 00:20  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://zeiss1221.blog7.fc2.com/tb.php/110-8737ae3e
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。