2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
棚下不動尊の滝訪問記
- 2005/08/08(Mon) -
「裏見の滝へ行って来ました」

IMG_050808_01.jpg

群馬県にある赤城山が利根川に落ちる末端の急崖にかかる名瀑です。
写真でもお分かりのように、滝を裏側から見ることができます。
「落石注意!」の看板が目に付きましたが、画面下の岩って、もしかして落ち口のものが崩落した
ものなんでしょうか?
落石なんて生易しいものではないですね。

今回はこの滝までの道のりなどをご紹介することにします。
滝の写真は、もう一つのブログ、「Digital Photo Gallery by ZEISS」にアップしていますので、そちら
も併せてご覧いただければ幸いです。

なお、今回は写真点数が多いため、続きを読む形式にさせていただきます。
IMG_050808_02.jpg

この滝の駐車場までの道のりですが、国道17号線を利用することになります。
東京方面からですと、綾戸トンネルの手前右側に利根川にかかる橋があります。
国道から右折して橋を渡ります。
なお、その手前にもトンネルや洞門?がありますので、スピードは控えめに!

橋を右折する交差点には右折レーンがありますので、すぐにわかると思います。
なお、目印としては「綾戸簗」の看板が出ていますので、それに従って走ればOKです。

橋を渡るとT字路になりますので、右折して少し行くとこの看板が見えてきます。
車は左側の駐車場に置いて、あとは鳥居をくぐって徒歩となります。


IMG_050808_03.jpg

どんどん登っていくと右側の小高い丘に祠があります。
そこに登ると、眼下に利根川、遠くに上越線を望むことができます。
行くときは分かりにくいのですが、帰り道ですとすぐわかりますよ。


IMG_050808_04.jpg

駐車場から10分弱で不動堂があるところに着きます。
これはその少し手前のところになります。
右側にちらりと見える建物はトイレと東屋です。
ここで一息つくことにしましょう。


IMG_050808_05.jpg

「棚下不動尊」の名前の通り、不動堂があります。
滝はこの正面奥のほうで落ちていて、左側の階段を登って行くことになります。
安全を祈願して、ここでお参りをしてから滝を見に行くことにしましょう。


IMG_050808_06.jpg

見た瞬間「おおー!」と思う方もいらっしゃるかもしれません。
約200段の階段が待ち受けています。
滝はもうすぐそこですから、ゆっくりと慌てずに登ることにしましょう。


IMG_050808_07.jpg

汗をかきかき登ること5分で到着です。
右奥に目的の「棚下不動尊の滝」が流れ落ちているのが見えます。


IMG_050808_08.jpg

後を振り返ると、「おお、こんなに登ったんだ!」という気持ちになります。
とにかく急ですから、帰り道は足を滑らしたりすることがないように注意しましょう。


IMG_050808_09.jpg

滝の説明書きがありますので、ゆっくりと読んで・・・
いられませんでした。
とにかく撮影開始となったのは言うまでもありません。
でも、見ておきたいですよね?


IMG_050808_10.jpg

ということになっています。

ここはあまり知られていないのか、人は私以外にはいませんでした。
私が気づかなかっただけかも知れませんが、国道からの案内板も見当たりませんでした。
橋のたもとに小さな案内板(見落とすくらいの小ささ)があった程度です
次回は紅葉の時期に訪れてみたいですね。
スポンサーサイト
この記事のURL | 撮影地ガイド | CM(8) | TB(0) | ▲ top
<<尾瀬桧枝岐温泉の宿 | メイン | 玉原ラベンダーパーク訪問記>>
コメント
- 滝だ! -

ここはR17の抜け道でもあり道幅も狭く普段でも人通りが少ないところですよね。昔はスキーへ行くときの抜け道のひとつとしてよく使っていました。
滝を見るためにはちょっと階段を登らなければいけませんがこの階段が歴史を感じさせるというか凄い階段ですよね(笑)
濡れていると足を滑らせてしまいそうです

滝100選に選ばれている割には誰もいない滝なんですよね。私が行った時はあまりの静けさに怖さを感じました(笑)
2005/08/08 08:10  | URL | しーたけ #-[ 編集] |  ▲ top

- しーたけさん -

しーたけさんがブログにアップしていなかったら、行っていなかったかも。
気になっていた滝ですが、今ひとつ行き方が???でして。

今回は最初から、玉原の帰りには寄ろうと思っていましたので、R17からはすぐに分かりました。
途中の眺めもよく、滝そのものも素晴らしいものでした。
次回は紅葉を見に行こうと思っています。
さて、どこと組み合わせましょうか?
2005/08/08 08:46  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- この辺。。 -

こちらに書けば良かった。
もしかして、R17を沼田方面から走って来ると、左に利根川を見ながら走行しますよね。その対岸を走行する感じですね。
この道は良く通っていましたが、滝の入り口が有るとは思いませんでした。この対岸の道を東京方面に走行すると、物凄く狭い場所にトンネルがあるんですよ。

それでも東京方面に向かうと、R353とR17が交差する大正橋に出てくる場所と思います。

関越が渋滞すると、この道使います。
2005/08/08 09:04  | URL | ふん転菓子 #-[ 編集] |  ▲ top

- ふん転菓子さん -

そうです。
綾戸トンネルをくぐってすぐ左折すると橋を渡るんですよ。
大体検討はついていましたので、何なくわかりました。

帰りはそのもの凄く狭いトンネルを通りました。
時間的には、来た道を戻った方が早かったかもしれません。
随分と大回りさせられたような気がします。
2005/08/08 09:14  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- -

私の実家のすぐ近くに不動滝があります。
鳥居とか下ってく雰囲気とかが似てます。
そこはお祭りの時は人が滝に打たれたり(なんて言うんだっけ?)してるんですが、何とその滝の上は・・・防火用水だったりします。
あまり綺麗な所ではないです。
懐かしいな・・・お不動様のお祭り。
2005/08/08 22:44  | URL | EAGLE #-[ 編集] |  ▲ top

- -

滝の裏側へ回れる滝は、大分県のほうにもありますよ。
くじゅうへ行く途中の国道沿いにあって、ライトアップもしてます。
そこは水量も多いですので、まだ裏側には行ったことがありませんが、今度行ってみようと思ってます。
2005/08/08 23:33  | URL | ふみ #-[ 編集] |  ▲ top

- EAGLEさん -

不動滝というのは各地にありますね。
赤城には、もう一つ不動大滝という大きな滝があります。
行ったことないけど・・・
この季節、滝はやはりいいですね。
2005/08/09 00:09  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- ふみさん -

大分というと、もしかして天瀬町にある慈恩の滝でしょうか?
勿論行ったことはないんですが、確かに水量は豊富のようですね。
もし、行かれるようなことがありましたら、写真を見せてくださいね♪
2005/08/09 00:14  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://zeiss1221.blog7.fc2.com/tb.php/116-c21cdcc2
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。