2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
私が好きな映画(邦画その1)
- 2005/09/07(Wed) -
「砂の器」

20050906172912.jpg

日本映画の名作中の名作といって差支えない作品です。
1974年に公開されてから、何度映画館に足を運んだことでしょうか。

それに飽き足らず、当時としては高価なビデオ(18,500円)も購入してしまいました。
現在とは貨幣価値が違います。
清水の舞台から飛び降りた気分での買い物でした。
現在は、デジタルリマスター版のDVDを所蔵しています。
画質が良くて安価ですから、本当にいい時代になったものです。

松本清張の推理小説が原作ですから、ここではあらすじを書くことは避けておきます。
キャストがまた豪華で、目を見張ります。
加藤剛、緒方拳、丹波哲郎、森田健作、渥美清・・・ああ、書ききれません。
もっと知りたい方はこちらをご覧下さい。
砂の器・スタッフ&キャスト

音楽がまた壮大なもので、この映画のために作曲されたピアノ協奏曲「宿命」は、全編2時間25分の
クライマックスとも言うべきラスト40分ほどの間に流れるシンフォニーです。
曲と日本列島の四季を貫く親と子の旅とがオーバーラップされ、この映画の根底にある「宿命」とは
何なのかを見る者に問いかけてきます。

勿論、簡単には答えを見つけることはできません。
このような社会性があって、質の高い日本映画は今後はそうそうは製作されないと思います。

テレビでも何度か製作され、少し前にはSMAPの中居君が出演したりして話題性はあったものの、
映画を超える演出は出来ませんでした。

この映画はもしかして、松本清張の原作を超えた作品であるかもしれません。
興味がある方は、レンタルでも結構です。
是非ご覧いただきたいと思います。
スポンサーサイト
この記事のURL | 映画 | CM(14) | TB(1) | ▲ top
<<台風14号が去ったあと | メイン | ブログのデータ・バックアップについて>>
コメント
- 名作ですね! -

私も、この砂の器は大好きです!
キャストは違いますが、だいぶ昔に、テレビで放送されたものを録画して持っています。今度、また見てみようと思います。
2005/09/07 01:42  | URL | オクトパス7号 #E6kBkVdo[ 編集] |  ▲ top

- 松本清張 -

松本清張の作品は結構好きですね。初めて読んだのが点と線でした(^^)
そうそう砂の器はTVでもちょっと前、中井君がでてましたね。このバージョンは見なかったのですがどうやら近所でもロケをやっていたとの事(笑)
2005/09/07 07:02  | URL | しーたけ #-[ 編集] |  ▲ top

- オクトパス7号さんへ -

>だいぶ昔に、テレビで放送されたもの・・・
もしかして、仲代達也・田村正和がキャストだったものじゃないですか?
懐かしいですね。

でも、やはり映画の方が好きかなあ。
不朽の名作だと思っていますから。
2005/09/07 09:21  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- しーたけさんへ -

「点と線」・・・これで松本清張は一気にメジャーになったんでしたね。
と同時に時刻表トリックなるものも流行して、後追いした作家も多く出ました。
誰とは言いませんが(笑)

しーたけさんも是非、映画をご覧下さい。
まあ、人に押し付けちゃいけないんですけれどね・・・
2005/09/07 09:24  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- みましたよ♪ -

こんばんわ(*^_^*)

今台風が佐渡沖を通過中なので、強めの風が吹いています。

えっと、そう、松本清張さんは亡くなる少し前に佐渡にも来られて、公演されましたよ♪
推理小説大好きにんげんですから、レンタルビデオでみました(^_-)
クラシック音楽もコンサートなどに行きますし、ん・・・ベートーベンの三大ピアノソナタはCDでよく聴いています♪
小さな子役の男の子、泣かせられました(^^)
TVでスマップの仲居さんも演じていましたねぇ~
2005/09/07 18:51  | URL | saho #-[ 編集] |  ▲ top

- -

そうです!
結構好きで、何度も見直しています。テープもだいぶ痛んでしまっています。
思い出すと、つい見たくなってしまうんですよ(^^;)
2005/09/07 18:52  | URL | オクトパス7号 #E6kBkVdo[ 編集] |  ▲ top

- sahoさんへ -

台風は特に被害とかはありませんでしたか?
こっちはまだ強い風が吹いていますが、雨は降ってはいません。

「砂の器」で、親子が亀嵩駅で別れるシーンは何回も見ても涙が溢れます。
勿論、サントラ盤(何と30cmLP)や宿命も持っていますよ。

クラシックはワーグナーをよく聞きますね。
ワーグナーはとんでもないヤツで、毒があるんですが、つい聞き入ってしまいます。
2005/09/07 20:37  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- オクトパス7号さんへ -

当たりでしたか。
確か、田所佐知子役は小川知子でしたね。
今、思い出しました。
当時、結構小川知子は好きでした。
今はどうしているんでしょう?
2005/09/07 20:38  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- -

松本清張はあまり知らないのですが、たしか北九州の
小倉に『松本清張記念館』というものがあるのは
聞いたことがあります。小倉の御出身なのかな?
『砂の器』見てましたよ。中居君が主演していたドラマですが・・・
渡辺謙がいい感じだな〜って見ていたんですけどね。
映画のほうも見たくなってしまいましたね。
レンタルに行ってみます。
2005/09/07 23:54  | URL | ふみ #-[ 編集] |  ▲ top

- ふみさんへ -

松本清張は小倉の出身です。
1953年、「或る『小倉日記』伝」で直木賞候補になるが芥川賞候補に回され、
1952年度下半期の第28回芥川賞を受賞しました。

映画、是非ご覧下さい。
きっと感動することと思います。
2005/09/07 23:58  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- ZEISSさん -

このビデオはお気に入りなんですよ。
しかし、テープがへたってしまってますので
そろそろ、キャプチャーしてデジタル化した
いと思っています。

当時の出演者はどうなっているのか、わかり
ませんが、田村正和はコマーシャルなんかで
見かけますね!
「まさにガスだね!」とか・・・(爆)
2005/09/08 11:10  | URL | オクトパス7号 #E6kBkVdo[ 編集] |  ▲ top

- オクトパス7号さんへ -

VTRテープはご存知だと思いますが、見れば見るほどヘタリが来ますので、キャプはお早めに。

当時の出演者は真野響子だったかその妹だったか出ていましたね。
あとは忘れました(笑)
2005/09/08 21:07  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- DVDの紹介をTBしました -

余計なお世話かも知れませんが「本箱」のブログでこの作品を紹介する事にしました。ですので、TBを張っておきます。この作品を捜している方はよろしくお願いしますね。

では
2005/09/08 22:11  | URL | きつねのるーと #J/OPKEkg[ 編集] |  ▲ top

- きつねのるーとさんへ -

TBありがとうございました。

てゆーか、いつもフォローしていただいて感謝しています。
ここまできちんと紹介すればいいんでしょうけれど・・・
2005/09/08 22:55  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://zeiss1221.blog7.fc2.com/tb.php/146-ae3cbbb0
-「砂の器」映画版のDVD-
松本清張の『砂の器』 のDVDの紹介です。 実はこの作品はZEISSさまのブログにて紹介されていた作品です。この作品は、 砂の器(上巻)改版 著者:松本清張 出版社:新潮社 本体価格:552円 砂の器(下巻)改版 著者:松本清張 出版社:新潮社 本体価格:59 …
2005/09/08 22:09  「きつねのるーと」の本箱 ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。