2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
妙義山最大の滝
- 2005/09/22(Thu) -
麻苧の滝

P8240001.jpg

40mの落差を誇る、妙義山系で最大の規模の滝です。
読み方は「あさおのたき」ですが、一部では「まちよのたき」とも呼ばれています。
麻の簾を垂らしたような形をしているため、このような名前がつけられました。

さて、この滝への行き方ですが・・・
国道18号線で横川駅前を通過して暫く行くと、碓氷バイパスと旧道と分かれる地点に着きます。
旧道を走るとすぐに左へ分岐し、さらに碓氷簗に続く狭い急坂を河川敷に下りて行きます。
碓氷川に突き当たると吊り橋が正面に見えます。
直角に右へ曲がると、少し先にトイレが完備された駐車場があります。
車はひとまず駐車場に置いて、あとは徒歩になります。

徒歩と言っても、先ほどの吊橋を渡って10分もすればこのような見事な滝を見ることができます。
途中にも美しい流れや小さな滝、淵などを眼下に眺めることができます。
滝に近い場所には階段がありますが、濡れて滑りやすいため足元に注意しましょう。
なお、駐車場も含めて、滝周辺には売店はありませんので、飲み物などは事前に仕入れておきましょう。


P8240003.jpg

水量が少ない時は滝つぼ近くまで行くことが出来ます。
但し、足場が悪いため、足を踏み外したりしないように注意をして下さい。

この滝は元来「第一不動ノ滝」と呼ばれているだけあって、行く先々に石仏を見かけます。
修行の場であるような厳かな雰囲気も漂っています。
これだけの規模を誇りながらも、途中の国道には看板すらなく訪れる人も稀です。
こんな滝を独り占めすることも出来るほどです。

横川駅からも遠くないため、ここから軽井沢へ抜けるのもいいですし、下仁田で蒟蒻料理に舌鼓を打つのもいいでしょう。
さらには横川駅近くにある「碓氷峠鉄道文化むら」へ行くのもいいでしょう。

ちょっとした休日の穴場の一つです。
スポンサーサイト
この記事のURL | 撮影地ガイド | CM(12) | TB(0) | ▲ top
<<東京の地下鉄は分かりにくい! | メイン | こんな本はいかがですか?>>
コメント
- 麻苧の滝 -

滝は歩いて見に行く所が多いので運動不足の私には辛いです。
うちの近所に牛の滝って言う小さな滝があるんですが全然こんな大きな滝じゃないのにヒイヒイでした。

滝って一人で行くとちょっとゾクッとしませんか?
写真を始めた頃に一人で阿寺の七滝へ行きました。
年末なので訪れる人もいませんでした。
自然歩道を一人でずっと歩いて行ったのですが、携帯も圏外だし一人でいたらものすごく不安になっちゃいました。
近くに一緒に撮影に出かけられる友達が欲しい今日この頃です。
2005/09/21 23:37  | URL | EAGLE #-[ 編集] |  ▲ top

- EAGLEさんへ -

確かに心細いですよ。
でも、私の場合、本当に危険なところは友人と連れ立って行くことにしています。

まあ、人が行かないような滝は、携帯は大体圏外になりますよね。
足をくじいたりした場合、一人だと対処のしようがないです。

それに、滝って一種独特の空気(妖気?)が漂っているところもありますから。
EAGLEさんの気持ちはよく分かりますよ。
2005/09/21 23:51  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- 涼しい~ -

まだまだ蒸し暑い日が続いていますので、滝は涼しげで
いいですよね。やっぱり滝って厳かな雰囲気がありますので
昔から修行の場となっているところが多い様な気がします。
私の地元の『御手洗の滝』も釜が浅いですので、滝に
打たれるにはちょうどいいですし、石仏もたくさんと
並んでしますね。こちらは立派な道路標識まで出ていますが
いつも貸し切り状態です。(^.^)/
2005/09/22 00:00  | URL | ふみ #-[ 編集] |  ▲ top

- ふみさんへ -

かれこれ一ヶ月以上も滝を見ていません。
そろそろ禁断症状が・・・

実はここは我が家からそれなりに距離があって、高速を使って約2時間かかります。
軽井沢までと大して変わらないんですよ。

今、一番行きたい滝は、尾瀬の三条の滝です。
勿論、秋田の山奥の滝へも行きたいところですが、現実的な距離にはありませんので・・・
草紅葉と抱き合わせで行きたいところですね。
2005/09/22 00:05  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- 妙義山 -

妙義山といえば上毛三山の1つですね(^^)
最近妙義山近辺は通過が多くこの近辺は行っていないんですよ。この滝も含め独特の山をおいかけるのもいいかもしれませんね(^^)
2005/09/22 07:14  | URL | しーたけ #-[ 編集] |  ▲ top

- しーたけさんへ -

私も妙義山系は暫くは行っていないでね。
これも二年前に行った時の写真です。
しかもコンデジ・・・

「碓氷峠鉄道文化むら」へも行きたいな、と思っていますので、そのうちに。
2005/09/22 08:25  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- -

懐かしい地名が出てきました。
初めて転勤で本州に行ったのが前橋だったんです。
ここら辺を札幌ナンバーの車で走っていたら、トンネル掘りに来たのかいといわれました。
当時、新幹線のためのトンネルを作ってましたから。
最近じゃバイパスが中心ですからここら辺をおとづれる人も減ったのでしょうね。
横川の峠の釜飯が食べたいな。
2005/09/22 09:08  | URL | N2 #-[ 編集] |  ▲ top

- N2さんへ -

この滝は本当に訪れる人が少ないんです。
看板なんか国道に出ていないくらいですから。
最後の分岐点で申し訳程度に小さな看板があるくらいです。
その割には立派な駐車場が設置されていますが・・・

最近は高速があるせいか、バイパスも通行量が減っているようです。
と、行った時はそのように感じました。
この滝の駐車場から少し軽井沢方向へ走ると、バイパスに合流できるんですよ。
2005/09/22 09:15  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- 釜飯を持って -

ここは、横川の荻野屋ドライブインか駅かどこかで『峠の釜飯』を購入してから訪れたいですね。駅から歩くのだと少しありそうですが、歩けない距離ではなさそうですね。

近くには、町営の温泉施設も出来たらしいですしちょっとしたハイキングにちょうどよさそうです。前述の「大人の遠足」あたりの記事だと、横川のアプト昔道や眼鏡橋なんかと一緒に紹介されそうな場所ですね。
2005/09/22 21:26  | URL | きつねのるーと #mB.BT9Ic[ 編集] |  ▲ top

- きつねのるーとさんへ -

駅からあるくと軽く40分はかかると思います。
って、歩いたことないけど・・・

実はこの滝は北東に向いて落ちていますので、できれば午前の早い時間帯に
行きたいところです。
午後では逆光になって見にくくなってしまいます。

えっ、町営の温泉施設!
それは知りませんでした。
今度行くことがあれば、浸かってふやけてきましょう。
実は「大人の遠足」は、買ったものの、最近は忙しくてあまり呼んでいないんです。
この三連休で読破することにしようっと。
2005/09/23 00:05  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- ふん転菓子 -

こんな所に。。
この辺休憩だけで通過するだけでした。
ZEISSさんのブログを見ると、そんな自分に気が付きます。(笑い)

単独行動。
悪い意味で書くのではないのですが、リスクは付き物。
最低でも自分が誰なのか解るものを携行します。

skiなど現場に集合する事が多く、途中の雪山では
携帯も不通。。頼れるのは自分だけ。それと、絶対にEGだけは止まらない様にガソリンやその辺の整備だけは欠かせません。真冬の峠で止まったら。。
2005/09/23 10:09  | URL | ふん転菓子 #F1fVxx/w[ 編集] |  ▲ top

- ふん転菓子さんへ -

この滝は知る人ぞ知る、といった存在なんですよ。
駐車場から歩くこと10分で、深山幽谷に紛れ込んだかと思うようないい滝があるのにね。

単独行動は、あくまでも危険が少ない場所に限っています。
若い時は多少無茶もしましたが、少しは分別がつくようになったみたい(笑)
2005/09/23 17:09  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://zeiss1221.blog7.fc2.com/tb.php/161-ae5dfa4a
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。