2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
雲台について~三脚とカメラの間にある大事な用品~
- 2005/04/27(Wed) -
三脚は本体と雲台という二つによって構成されています。
大抵はセットで販売されていますが、最近はいろいろな雲台と組み合わせて使う人が多くなったためか、分離販売されることが多くなりました。
ユーザーにとっては喜ばしいことです。

ただし、雲台はカメラと三脚の間にある大変重要な用品ですから、購入する場合は安易に考えずに、目的をはっきりと決めてからにしましょう。
一般的に雲台は、3WAY雲台と自由雲台とに分類されます。


3WAY雲台

IMG_7772.jpg

上下・縦横・左右にそれぞれパン棒と呼ばれるものがあり、それらを使って構図を決定します。
自由雲台と違って締め付け箇所を3つとも完全に固定しなくてはならず、操作がやや煩雑になります。
サイズも大きくなってしまいますが、厳密なアングルの選択ができ、水平も出しやすいため、主に風景撮影やスタジオでの撮影に利用されます。


自由雲台

IMG_7774.jpg

ボールの軸受けで自由に構図のとれる雲台のことをいいます。
3WAY雲台と違って、締め付け箇所が1箇所(ボール)だけなので、操作も楽でサイズもコンパクトになります。
しかし、微妙なアングルの変更や水平を出す場合には工夫が必要となってきます。

写真を見てもわかるように、私は自由雲台をメインで使っています。
3WAY雲台は殆ど使っていないため、新品同様の状態を保っています。
使い勝手がいいことと、パン棒がないため、持ち歩く時に身体にゴツゴツと当たるものがない、という二つの理由からなんです。
慣れれば、厳密な構図や水平垂直の決定は簡単に出来るようになります。

但し、上では書きませんでしたが、自由雲台には大きな落とし穴があります。
写真をご覧下さい。

IMG_7777.jpg

こうした状態から不用意に締め付けレバーを解除すると・・・


IMG_7776.jpg

このようにお辞儀をしてしまいます。
重いレンズなどと組み合わせると、最悪の場合には三脚ごとひっくり返る恐れがあります。

自由雲台が欲しいなと思っている方は、この点をよくよく考慮に入れておかないと、取り返しがつかない事態を招くことになりますので十分にご注意下さい。
スポンサーサイト
この記事のURL | 写真用品 | CM(16) | TB(0) | ▲ top
<<イメージ・フォトについて | メイン | 花好き人間のバイブル?>>
コメント
- -

私も両方持っていますがメインで使用するのは自由雲台のほうですね。クイックシューなので三脚(または一脚)を持っていくときはあらかじめカメラのほうにセットしておきます。これで普通に撮るときと脚を使うときすぐに切り替えられるようにしています(^^)
三脚や雲台は納得するものを選びたいですね。(値段でという意味ではなく要の部分
なので使用条件・価格などを総合してと
いう意味で)
2005/04/27 17:38  | URL | しーたけ #-[ 編集] |  ▲ top

- しーたけさん -

私が自由雲台を使う理由がもう一つあります。
それは汽車ポッポや電車を撮るときに、雲台をフリーにしておいて一脚のようにして使うこともあるからなんですよ。
2005/04/27 18:12  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- -

私も自由雲台を使用しています。
でも風景を撮影する時には前に使ってた3WAY雲台の方が使いやすかったなとか思っちゃいます。
今の三脚は脚のみで買ったので付属の3WAY雲台はありませんので今は自由雲台のみですが。
本当に気を付けないとごめんなさいしてしまいますね。
2005/04/27 20:14  | URL | EAGLE #-[ 編集] |  ▲ top

- 私の場合・・・ -

私も両方の雲台を持っていますが、使っているのは3ウェイ雲台です。
しかも、買ったときのまま・・・・。

でも、とりあえずはそれで満足しています。

3ウェイ雲台でも、一脚のように微妙にネジを緩めて使うやり方もやってみましたが、結構よく撮れました。がっちり固めておくとワンカットしか撮れなかった場所で2回、アングルを変えてとることが出来ましたよ。

それから、雲台のネジは締めておくのが基本ですね。あれでカメラをだめにしたプロ(写真館のカメラマン)もいますから・・・・。それによく聞きますよ。ちゃちな軽い三脚(失礼な言い方ですが適当な言葉を思いつかなくって)に、F2.8級の望遠レンズをつけて使って、三脚が倒れてえらい目にあった方のことは・・・・。

それから、自由雲台に最適サイズがありますから(許容重量)それにも注意しないとネジを締めたのに、お辞儀してしまうこともありえますよね。
2005/04/27 20:51  | URL | きつねのるーと #2PRdxZIg[ 編集] |  ▲ top

- EAGLEさん -

確かに風景は3WAYの方が確実ですね。
ただ、私の場合は素早く位置を変えることができる「自由雲台」をこよなく愛しています。
Velbonの大き目のものですから、かなりの荷重に耐えられます。

レバーを緩める時に注意しさえすれば、全然OK牧場です。(笑)
2005/04/27 21:05  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- きつねのるーとさん -

私の持っている3WAY雲台は、写真のマンフロット製ですが、これがダメダメ雲台なんです。

何がダメかというと、肝心のカメラを締め付けるネジを回すつまみが小さすぎて、しっかりと締めるのが大変なんですよ。
ということは外すのも大変で、ダメダこりゃー、の世界なんです。

ちゃちな三脚の件は、私も時々目にします。
カメラとレンズは立派なのに、三脚が不釣合いなほどチャチ!
あれなら手持ちの方が安全だな、と思いますね。
倒すことがないから・・・(爆)

自由雲台の欠点は、あっけないほどお辞儀をすることと、仰るように、機材が重いとその重みでずれる?ことがありえますね。

私のは超望遠でもない限りは大丈夫な大きさだと思います。
まあ、もし超望遠を購入することがあれば、脚から買いなおさないと×ですね。
2005/04/27 21:12  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- 私も・・・ -

私も自由雲台を使っています。
やっぱりZEISSさんと同じ理由です。私の性格上、風景などでも
あまり微調整することもありませんので、締め付けノブが一つの自由雲台が使いやすいです。
ZEISSさん、トラックバックの件ありがとうございました。
忘れていましたが、ZEISSさんのブログを私のブログでリンクさせて頂きたいのですが、よろしいでしょうか?
2005/04/27 23:46  | URL | ふみ #-[ 編集] |  ▲ top

- -

自分もSLIKの自由雲台にクイックシューつけて使ってます。
今のところ重たいレンズ無いので、お辞儀して壊す事無いけど
気をつけなきゃいけませんね。
でも3WAY雲台も捨てがたいですね。
パノラマ写真用には水平を簡単に出せるので...

個人的にはSLIKから出るグリップ雲台「AF1100」という雲台に
興味引かれてます。どんなもんなんでしょうね?
http://www.slik.com/bh/4906752af1100.html
2005/04/28 01:58  | URL | aphex #SFo5/nok[ 編集] |  ▲ top

- ふみさん -

リンクの件、ありがとうございます。
私の方も、たった今リンクさせていただきました。

私は自由雲台派なんですが、70-200㎜にエクステンダーをつけると、さすがに微調整が難しくなります。

そのうちに3WAY雲台のがっしりとしたものを購入しないといけないかもしれません。
本当にマンフロットの3WAYは使う気にならないくらい×なんです。
2005/04/28 08:22  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- aphexさん -

>SLIKから出るグリップ雲台「AF1100」という雲台に興味・・・
これはAF一眼レフが発売されて暫く経ってから製品化されたものなんです。
要はフォーカスロックをかけてから、きちんとしたフレーミングをしなおすのにスピーディな操作が可能であることがウリなんです。
「自由雲台」の発展型と言えそうですね。

使ったことがないので断言できませんが、大きくて重いレンズの場合は、ちょっとしんどいのではと推察されます。
2005/04/28 08:25  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- -

私の場合こんな高価なのは使っていません。最初はコンパクトの伸ばして使うやつを購入しました。
小さくてどこにでも持っていけますが、水平が撮りずらい。脚の強度が低くブレブレ。三脚の意味がありませんでした。
そこで、違うのを購入しましたが、雲台の交換できないタイプです。
基本的にリュックに入れて持っていくのに都合の良い軽いのにしました。
クイクシュー付きで、縦位置にもワンタッチで変えれれるものです。
こだわる方は許せないかも知れませんが、わたしは満足しています。
ちょっと軽いので、使うときはリュックをぶら下げたりして、ブレを防いでいます。
2005/04/28 10:13  | URL | N2 #-[ 編集] |  ▲ top

- -

私は、三脚買った時に付いてきた物ですけど、3ウェイ雲台を使ってます。
三脚にカメラをセットしたり外したりするのがとても面倒だったので、クイックシューも使ってます。
自由雲台を使ってる方のほうが多いのですね。自由雲台は水平出しが難しそうなのでしばらくは3ウェイ雲台で良いかなと思ってるのですが、たまに面倒だなと思うこともあったりで悩み中です。
2005/04/28 10:45  | URL | あんる #-[ 編集] |  ▲ top

- N2さん -

用品は使っている方が満足していればOKだと思いますよ。

最近販売されている三脚は、結構自由雲台と組み合わせているものもあって、撮影現場で「危ないなあ」という使い方をしている人を見かけるんですよ。
それで、自由雲台は・・・何て大上段から振りかぶったわけなんです。

特性を知ってこそ、用品を使いこなすことになりますから。
2005/04/28 14:13  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- あんるさん -

クイックシューをお使いのようですが、ガタツキにだけはお気をつけ下さい。
ガタツキがあると、ブレの原因になるばかりか、カメラにダメージが発生する場合もあります。

私も一時、クイックシューを使った時もありますが、ほかの用品(マクロスライダーなど)と組み合わせて使うことが多くなりましたので、自然と使わなくなりました。
なぜなら、カメラまでの接合部をあまり増やしたくなかったからなんです。
2005/04/28 14:16  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- マンフロット -

あ、マンフロットの雲台は独特な形で使いにくいですね。脚のネジは使いやすいのですけど・・・。
脚だけマンフロットで雲台は別の会社の物を使っている方は、よく見かけます。ジッツオの雲台とか、ハスキーの雲台は人気があるように思います。

元、カメラ店店員だとそんな他人のどうでもよい機材に目が向いてしまうのです。
2005/05/02 16:20  | URL | きつねのるーと #gg06ppQg[ 編集] |  ▲ top

- きつねのるーとさん -

確かに使いにくいです、というよりは使い物になりません。
さすがはラテン系の人間が開発したものです(笑)

ですから、私はVelbonの自由雲台ですね。
でも、本音は3WAY雲台のきちんとしたものが欲しいですね。
2005/05/02 16:28  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://zeiss1221.blog7.fc2.com/tb.php/17-bd59eb59
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。