2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ホワイトバランスの違い
- 2005/11/13(Sun) -
マニュアル設定がベスト?

下の二枚の写真を見て、皆さんはどのように感じたでしょうか?


IMG_051113_01.jpg



IMG_051113_02.jpg

上の写真はクールな感じで、下の写真には暖か味を感じたのではないでしょうか?
一枚目はオートホワイトバランスで撮影し、二枚目は晴天マーク(太陽光)に合わせて撮影したものです。

個人的には二枚目のほうが実際の色に近く、好みでもありますね。
この日は私には珍しくRAWで撮影しましたので、どうにでもなると言えばどうにでもなるんですが・・・

例えば紅葉の写真ですが、どうも赤の発色が冴えないと感じたら、晴天マークにしてみませんか?
極論を言えば、曇りのマークにしてアンバー系を強めて深みのある色を出すことも可能です。

折角のデジタルですから、いろいろな組み合わせで、ベストの色を出すようにしてみましょう!

撮影地:埼玉県新座市「平林寺」
撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM
スポンサーサイト
この記事のURL | 写真 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
<<私の好きな映画(洋画その2) | メイン | こんな物を買いました!>>
コメント
- 好み -

好みっていろいろありますね
私は空が広いときは色温度を低め、紅葉など葉が多いときは高めにふることが多いですね
あと色乗りをしっかりさせたいときはマイナス露出にするとか・・・
本当は撮影時にやるべきことなのですが最近はついついPC上でやってしまいます
2005/11/13 11:16  | URL | しーたけ #-[ 編集] |  ▲ top

- しーたけさんへ -

実際には色温度をきめ細かく設定した方が綺麗な発色になりますね。
私はスタジオ撮影では、データがありますので細かく設定しています。
屋外では結構アバウトですね。
光はいろいろと変わりますから・・・
2005/11/13 15:41  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- -

実は昨日UPした、八千穂高原の紅葉は、RAWを太陽光で現像。曇りなのに太陽光やストロボにすると紅葉が鮮やかになる。あまりにも変化が大きいと自粛しています。
曇りで眠そうな筈が、明るすぎると雰囲気が壊れる?真実と異なる?ので。
2005/11/13 16:58  | URL | ふん転菓子 #-[ 編集] |  ▲ top

- ふん転菓さんへ  -

人間の記憶って、ある意味でいい加減ですから、記憶色になってしまうことがあります。
「あれ、もっと鮮やかな筈だったのに・・・」というのは、その最たるものですね。
特に曇りのときに明るめに仕上げると、雰囲気は違ってしまうでしょうね。
2005/11/13 21:10  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- RAW -

私は最近RAWに目覚めましたが、あまりにいじり過ぎ(面白いから)でちょっと反省してたりします。
でも撮影した写真をPC上で補正するのもデジタルならではで結構楽しいなと感じています。
Digital Fotografo!(デジタル写真家!)ですから。
2005/11/13 23:37  | URL | EAGLE #-[ 編集] |  ▲ top

- EAGLEさんへ -

私がRAWで撮り始めようと思ったのは、紅葉が今年は思ったほどの色ではないためです。
普段はJPEG派ですが、こればかりはRAWに頼るしかなくなりました。
折角のデジタルですからね。
2005/11/14 00:06  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- -

昨日、甥の結婚式に出席して、RAWで300カットほど撮影しました。
できるだけ自然光でと思いましたが、やはり露出設定など難しいですね。
WBもオートだといまいちだし、結局色温度を微調整でいい感じの
色に近づけたような気がします。
でもいろいろと試行錯誤しながらの撮影は楽しかったですよ。
おかげで料理はほとんど手をつけることができませんでした。(笑)
2005/11/14 23:39  | URL | ふみ #-[ 編集] |  ▲ top

- ふみさんへ -

RAWで300カットとは凄い!
そりゃあ料理も手をつけることは出来ないですよね。
と言いながらも、私は銀塩時代にフルコースを平らげながら36枚撮りを10本使い切りました。(笑)

WBも微妙ですから、こういった時は後から補正するつもりでガンガンいったほうがいいかもしれません。
考えている間に式はどんどん進行しますから・・・
2005/11/16 00:05  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://zeiss1221.blog7.fc2.com/tb.php/179-f899f35e
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。