2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
私の好きな映画(洋画その3)
- 2005/11/25(Fri) -
BABE(ベイブ)

愛と勇気と挑戦と・・・

BABE003.jpg

1996年に日本で公開され、ご覧になった方も多いと思います。
ビデオのパッケージから作品の概要を抜き出してみることにしましょう。

『イギリスの作家D.K.スミスの童話の映画化で、アカデミー賞主要7部門にノミネートされた、本格的ファミリー・エンタテインメントです。
 ホゲットさんの農場にやってきた仔豚のベイブは、世の中の掟と自分の運命を知らされます。でも、無垢で純真なベイブは、犬や羊たちと素直に心を通わせることによって立派に「牧羊豚」としての務めを果たし、ついに牧羊犬コンテストに出場、そして・・・。
運命なんて頑張ればいくらだってかえられる。話し合えば誰とだって仲良くなれる。「ベイブ」は人間社会が忘れがちな大切なことを教えてくれる、優しさにあふれた作品です。』


本当にいい作品だと思います。
ともすると現代はギスギスとした人間関係が表に出てしまうことが多いですよね。
それは話し合うことがなく、お互いを理解しようとしないことが原因であることが多いと思います。
そういった人間社会への警鐘としても、この映画の存在意義は大きいと思います。

まだ見たことがない!と仰る方へ・・・
是非見てください。決して失望はさせません・・・
スポンサーサイト
この記事のURL | 映画 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
<<マウント・アダプターを手に入れました♪ | メイン | 都電荒川線の旅(その1)>>
コメント
- この映画は -

この映画は見よう見ようと思っていたのですが、結局行かずじまいです。今度DVDでも借りてこようかな(^^)
2005/11/25 23:34  | URL | しーたけ #-[ 編集] |  ▲ top

- -

見ましたよ~
豚が犬より賢い。
馬鹿にされても優しく諦めず向き合う。

そして何と言っても、徐々に迫るクリスマス。
見ている方もハラハラする。
2005/11/25 23:39  | URL | ふん転菓子 #-[ 編集] |  ▲ top

- しーたけさんへ -

これ、いいですよ。
私は日本語吹き替え(友人がくれたビデオ)でしたが、やはり原語で見るのがいいと思います。
まあ、DVDなら両方OKですからね♪
2005/11/25 23:48  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- ふん転菓子さんへ  -

何しろ「牧羊豚」ですから(笑)
こういった前向きな考えは大事なことですね。

>そして何と言っても、徐々に迫るクリスマス。
>見ている方もハラハラする。
あっ、あのシーンですね。
それでもベイブは信じていたんですよね。
2005/11/25 23:50  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- バーラムユー -

私もこれなら2回見たことありますよ。
しかもTVで・・・(恥)
話し合えばキヤノ坊とニコ爺も友達になれますね。
2005/11/26 07:06  | URL | EAGLE #-[ 編集] |  ▲ top

- EAGLEさんへ -

TVでも何でもいいじゃないですか・・・
結構面白い映画ですよね?

>話し合えばキヤノ坊とニコ爺も友達になれますね。
それはどうでしょう・・・
ニコ爺は結構頑固ですから(笑)
2005/11/26 14:19  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- やられた! -

ZEISSさん! 私、この映画大、大、大好きです!
久しぶりにベイブに会えたよ~、嬉しいよ~!
もう、初めて観た時は、彼らの一生懸命な姿に目が離せず、ラストは感動でボロボロ泣いてしまいました。
大人になっても、無心になって観ることができる映画ですよね。
そして大切なことがたくさん詰まった素敵な映画だった!
今でも、子ブタちゃんを見ると、こう思います。
「目指せ!君ならなれる、牧羊豚っ!」(爆)
2005/11/29 23:05  | URL | Carolita #-[ 編集] |  ▲ top

- Carolitaさんへ  -

こんばんは~♪

初めて見たときは、やはり泣けました。
こういった映画が、本当の良質な映画と言えるんでしょうね。
大人だけでなく、若い人や子供にも見て貰いたいなと思います。
そこから何かを感じ取ることができれば、人生に必ずプラスになると思います。

マイナス志向はあきまへん。
人生前向きでなくっちゃ!
2005/11/29 23:59  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://zeiss1221.blog7.fc2.com/tb.php/186-98097d8d
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。