2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
映画を見に行って来ました
- 2005/12/28(Wed) -
『ALWAYS 三丁目の夕日』

always.jpg


携帯電話やパソコン、インターネットすらない時代のことです。
それでも人々は暖かい気持ちで生活を送っていました。
これはそんな昔のお話です。
この映画を見ると、今の世の中や自分の内面を見つめなおすことができます。

ストーリーは書きませんが、是非見ていただきたい映画です。
このような素晴らしい映画を作るんですから、日本映画界も捨てたものではありません。
ハリウッドのど派手な映画しか見たことがない方も是非!
ハンカチは多めにね!

ALWAYS 三丁目の夕日

さて、見に行った映画館はこんなところです。

12220003.jpg

ワーナー・マイカル・シネマズ板橋で、東武東上線の東武練馬駅のすぐ傍です。
中にはこんなものもディスプレイされていました。


051222_0922~01.jpg


051222_0921~01.jpg


051222_0924~01.jpg

因みに館内に持ち込むことができる食べ物や飲み物は、ここで買ったものだけです。
チョンボはいけませんよ(笑)

この映画、DVDになったら絶対に買います、はい!
スポンサーサイト
この記事のURL | 映画 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
<<今度はこれを・・・ | メイン | 無事に帰ってきました!>>
コメント
- 私も見たい映画の1つです -

これ、私も見たい映画の一つです(^^)
昭和のよき時代が描かれていますよね。でもたぶん映画館ではなくDVDでみることになるような気がします(笑)
街中を懐かしの三輪トラックなどが走っているのが見れるかな(^^)

♪愛は変わらない どんな時も 心にずっといるから・・・
2005/12/28 19:39  | URL | しーたけ #-[ 編集] |  ▲ top

- 良き昭和の時代 -

昭和生まれの自分にとっても、大変
関心のある映画ですね。
高度成長期で、誰もが明るい未来を
信じていた時代ですよね。しかし、
現在はどうなっているかと思えば・・・

この映画を見て、これからの社会を
見つめ直したいものです。
2005/12/28 22:20  | URL | オクトパス7号 #E6kBkVdo[ 編集] |  ▲ top

- しーたけさんへ -

いい映画でしたよ。
オート三輪や都電、そして懐かしい家並み、厚い人情。
どれをとっても現代では見ることができなくなったものばかりです。
不覚にも涙してしまいました。
2005/12/28 22:21  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- オクトパス7号さんへ -

オススメの映画です。
これを見ながら、自分の生きざまを反省してしまいました。
今の世の中のひどさも感じるような内容ですね。
とにかく多くの人、とりわけ若い方に見ていただきたいと思います。
2005/12/28 23:51  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- 日本映画 -

ハリウッドに比べると地味な感じがありますね。でも内容は負けていないと思う。

お金の掛け方に惑わされること無く、人の優しさなどを身近に感じさせる映画が少なくなったのでは?

この映画も見たいけど「大和」も見たいな~
2005/12/29 18:04  | URL | ふん転菓子 #-[ 編集] |  ▲ top

- ふん転菓子さんへ -

ハリウッド映画と同じものを作ろうとしても、負けますね。
やはり日本でなければ作れない映画です。
この映画を見ると、昭和30年代のよき日本の姿に触れることができます。
近来稀にみる「いい映画」だと思います。
2005/12/30 10:26  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- やはり良い映画なんですね -

蝉しぐれを秋に見に行った時に予告をしていました。
その予告を見ただけで、私は涙が流れてしまい、見たいなぁと思っていたのですが、そのままになってます。
最近の日本映画もすてたものじゃありませんね。
2005/12/31 12:34  | URL | るみ #-[ 編集] |  ▲ top

- るみさんへ -

>予告を見ただけで、私は涙が流れてしまい・・・
るみさん、感受性豊かなんですね。
まあ、そう言う私も最後は涙が止まりませんでしたが。

とにかく「いい映画を見た」という満足感いっぱいで映画館を後にしました。
そして、何だか凄く謙虚な気持ちにもなりました。
人生をもう一度見つめなおすきっかけになりうる作品ですね。
2005/12/31 15:23  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://zeiss1221.blog7.fc2.com/tb.php/205-a34db7e2
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。