2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
旧東北砕石工場
- 2005/12/25(Sun) -
『岩手県・東山町の宝物』

IMG_051225_01.jpg

この「旧東北砕石工場」は「文化財登録制度」の初めての対象に、東京安田講堂や香川県の金毘羅宮宝物館などとともに、
産業近代化遺産として登録されました。
この工場は土壌改良剤の石灰石粉を製造する施設で、現在は東山町の所有となっています。
また、宮沢賢治が晩年技師として働いた工場としても知られています。

IMG_051225_02.jpg

陸中松川駅の入り口には、このような可愛らしい案内があります。


IMG_051225_03.jpg

これが東北砕石工場の入り口です。
さあ、中に入ってみましょう。


IMG_051225_04.jpg

おや?奥の方に坑道のようなものが見えますね。
ちょっと行って見る事にしましょう。


IMG_051225_05.jpg

このような立派な坑道が奥まで続いていました。
トロッコの軌道もあって、なかなかいい感じでした。
宮澤賢治もこの中に入ったのかと思うと、感慨深いものがあります。


IMG_051225_06.jpg

屋外には写真をもとにして作られた人形が展示されていて、当時を彷彿させるものがあります。
宮澤賢治といえば花巻を思い浮かべる方が多いと思います。
私もそうでしたが、この東山町もこれからは思い浮かべる土地となりました。

この「旧東北砕石工場」は、昨日ご紹介しました「太陽と風の家」から歩いてもすぐの場所にあります。
賢治のファンの方も、そうでない方も是非訪れて欲しい場所です。
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(8) | TB(0) | ▲ top
<<冬の猊鼻渓 | メイン | 「石と賢治のミュージアム」へ>>
コメント
- ここの写真 -

ここの写真は、花巻の宮澤賢治記念館で見ていたので、地名と写真を見てぴんと来たのですよ。
これでも、宮澤賢治通を気取っていますので…

ところで、東北地方は鉱山を観光資源にしているところが多いですよね。で結構入るのがワクワクするんですよ。トロッコが付き物ですからね。鉱山には
2005/12/25 21:58  | URL | きつねのるーと #-[ 編集] |  ▲ top

- -

トロッコの軌道いい感じですね(^^)
暗いなかの撮影で、どうやって撮ったのかと思いexifを拝見させていただいたところISO感度1600に設定しているんですね(^^)
2005/12/26 07:37  | URL | しーたけ #-[ 編集] |  ▲ top

- 観光場所 -

名所になるか、それとも物置になるか。に分かれるようですね。

坑道を使い、ワインの貯蔵庫やイモ類の貯蔵庫にしたり。

名称になる所は比較的少ないのかな~
坑道の写真が引き込まれそうですね。
2005/12/26 12:46  | URL | ふん転菓子 #-[ 編集] |  ▲ top

- きつねのるーとさんへ -

花巻の記念舘には行ったことがないんですよ。
一度は行きたいと思っているんですが・・・

鉱山にトロッコはつきものです。
私もレールを見たら、ドキドキ、ワクワクしちゃいました(笑)
2005/12/26 21:31  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- しーたけさんへ -

一番気に入ったのが、この坑道内のトロッコ起動です。
三脚を持って行くことはしませんでしたので、1600にして気合で撮影です。

10Dなら400でいけたと思いますが、今回は白鳥と電車が
メニューに入っていましたので20Dを持って行きました。
20Dなら1600でもそこそこ見れる絵作りをしますから・・・
2005/12/26 21:34  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- ふん転菓子さんへ -

坑道の上を国道が通っているせいか、振動で粉塵が舞っています。
画面では分かりにくいと思いますが、結構ホコリっぽいですよ。

だから、貯蔵庫には向かないと思いますよ。
2005/12/26 21:36  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- 砕石工場 -

そん所が保存されてるんですね。
トロッコの線路の写真とかを見るとインディ・ジョーンズみたいでちょっとワクワクします。
2005/12/26 22:50  | URL | EAGLE #-[ 編集] |  ▲ top

- EAGLEさんへ -

このような場所があるとは、ついこの間までは知りませんでした。
ここも宮沢賢治ゆかりの場所です。
しばし、賢治が立ったであろうと思われる場所に身を置くことができて幸せな気分になりました。
2005/12/28 18:16  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://zeiss1221.blog7.fc2.com/tb.php/207-74be3b71
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。