2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
映画「電車男」を見ました
- 2006/02/04(Sat) -
キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !!!!!

index_pct_02.jpg

遅ればせながらDVDを借りてきて、映画版「電車男」を見ました。
私はTV版の方を先に見てしまったものですから、おおよそのストーリーは分かっていましたが・・・
TVは12話?もあるため、ストーリーとしては長めだし、おふざけも多かったですね。
どちらがいいかという話は置いといて、十分楽しめました。

「純愛」とでも言うんでしょうね。
現実離れしすぎた話かもしれませんが、何だかほのぼのとした気分になりました。

オタク(ヲタク)という言葉がありますが、人間はどこかで必ず転機が訪れると思います。
人は他人を見る場合は色眼鏡を使う場合が多いのですが、固定観念というのはある意味では危険な考え方ですね。
もっと柔軟に、もっと前向きに考えることが大事だなと思いますね。

この映画を見て、そんなことを考えました・・・
スポンサーサイト
この記事のURL | 映画 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
<<行きつけのレンタル屋が・・・ | メイン | 念願の4GB・・・>>
コメント
- 私は・・・ -

原作を読みました。テレビは途中からあまりにもずれすぎたのでちょっとしか見ていません。
オタク・・・聞こえはよくありませんが専門家といえばずいぶん雰囲気が変わりますね。
この物語が実話かどうかは不明ですが・・・電車男とエルメスたんにはいつまでも続いてもらいたいものです(^^)
2006/02/04 23:40  | URL | しーたけ #-[ 編集] |  ▲ top

- -

私もみたいと思っていますが、まだです。
レンタル店で何度か手に取ったのですが・・・

最近のテレビや映画などには「純愛」もの
が無いですので、ある意味このようなスト
ーリは新鮮かも知れませんね。

2006/02/05 00:02  | URL | オクトパス7号 #E6kBkVdo[ 編集] |  ▲ top

- こんにちは -

http://roo.to/bloog-ranking/で取り上げられていたので、見にきました。僕もブログやろうかなと思っているのですが、難しそうで、なかなかやれていません。今はランキングサイトとかをみて勉強中なんです(><)また見にきますね!ではでは(^^)ノシ
2006/02/05 03:11  | URL | 鈴木 #-[ 編集] |  ▲ top

- その後 -

二人の関係のその後が見たい。
でも原作も見ていませんし、テレビも見ていませんが。

オタクねた。
一つの事に拘る暗いイメージが付きまとう。
特にPC関係。ExcelやWordにしても同じ。

でもね、時代が変わると尊敬されるんですね。
パソコン通信の時代は暗いとか言われても、
その技術が今では尊敬される。

「オタク」と言う言葉で片付けるのは簡単ですが、地道な努力がある事を知らない人が多い。
2006/02/05 20:30  | URL | ふん転菓子 #-[ 編集] |  ▲ top

- しーたけさんへ -

原作を先に読むとそうかもしれませんね。
私も原作を読んでから見た映画で幻滅したものはあります。
異論はあるかもしれませんが、高倉健主演の「鉄道員(ぽっぽや)」です。
短編小説を二時間モノの映画にするには、冗長すぎたキライがありました。

オタクとは一種の差別用語のような気がします。
殆どの人は本当の意味が分からずに使っているようです。

そうそう、エルメスたんと電車クンは末永くお幸せに!ですね。
私にもエルメスたんが現れないかなあ・・・(爆)
妻子はありますが、はいつでもトキメキたいですね。
2006/02/05 21:32  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- オクトパス7号さんへ -

まだ新作扱いですから、一泊二日コースとなります。
忙しい話ですよね・・・

純愛モノは今時珍しいかもしれません。
私には・・・ああいったものはなかったですね(笑)
まあ、ちょっと現実離れしたストーリーであることは間違いないと思います。
2006/02/05 21:35  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- 鈴木さんへ -

初めまして、ようこそ!

そうですか、ランキングから・・・
ここのブログは地味というか、内容がバラバラですからちょっと恥ずかしいですね。
まあ、私はあまりランキングには興味がなく、マイペースでやっております。
また、お気軽にお立ち寄り下さい。
2006/02/05 21:36  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- ふん転菓子さんへ -

私も最初は全く興味がなかったんですよ。
あまりにも下で(あっ、TVは一階ね)家族が笑っているものだから、TVドラマは第三回目から見ました。
正直なところ、抱腹絶倒です。

オタクとは簡単に一言で片付けられるけれど、実際は奥が深い・・・
現代人は広く浅くが多いけれど、狭く深くというのは実は大変なことですね。

↑でしーたけさんが書かれていますが、まさに専門家です。
いつの世も、専門家や芸術家は色眼鏡で見られることが多いです。
2006/02/05 21:40  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- 自称ヲタクとしては… -

ヲタクを自称している私としては、この話は、あるといいなぁ~って感じです。

純愛系のストーリーは、ヲタクの間ではかなりはやっていますよ。ライトノベルとか、コミック、パソコンゲームでは、結構多いです。でも、ドラマだと少ないかも…。結構シビアな展開も多いんですよ。片方が不治の病とか、意識不明で入院しているとか…。

追伸、狭く深く知識を溜めてしまったために『男達の大和』が楽しめないとぼやいていた方に広島でお会いしました。考証が中途半端に正確なのも考え物だとか…
2006/02/07 21:55  | URL | きつねのるーと #-[ 編集] |  ▲ top

- きつねのるーとさんへ -

>この話は、あるといいなぁ~って感じです。
なるほど、そう来ましたか・・・

純愛というのは得てして実を結ばないとよく言われます。
やはり現実離れしているからでしょうか?
私?あったかなあ・・・(笑)

でも、お陰さまで家族四人仲良く暮らしています。
これが一番!!
2006/02/08 08:30  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://zeiss1221.blog7.fc2.com/tb.php/231-99f60026
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。