2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
常駐タイプの総合アンチスパイウェア
- 2006/03/19(Sun) -
『SpyDefence 0.9.8.122 (Beta)』

以前、スパイウエア対策ソフトの記事をアップしたことがありました。
下記の三種類がそれです。
・Ad-Aware SE Personal
・SpywareBlaster
・Spybot - Search & Destroy

今回は、常駐監視機能を持つ洗練されたデザインの総合アンチスパイウェアのご紹介です。
基本的に英語表記のソフトですが、日本語パッチが配布されていますので安心です。
ソフトの表示は二種類あって、簡易モードでは簡易スキャンが、詳細モードではさらに詳細な
スキャンが可能となっています。

【簡易モード】
20060319124142.jpg


【詳細モード】
20060319125308.jpg

インストールと日本語化は簡単で、ソフトのインストールを行った方なら問題はありません。

今回は画像が多いため、久々に続きを読む形式にさせていただきます。
まずは↓でソフト本体と日本語パッチを入手します。
barlog ≫+||||≪ SpyDefence 0.9.8.122 (Beta)日本語化
本体のリンク先も表記されていますので、迷うことはないと思います。

ソフトのインストールと日本語化が完了して、本体を表示させると・・・
初回は自動的にスキャンが開始されるようです。

20060319124122.jpg

たまたまこれで一件スパイウエアが検出され、さらに詳細モードに切り替わります。
そして、詳細にスキャンをすると・・・

20060319124133.jpg

アドウエア(広告を表示してフリーで使えるソフト)であるFlashGetが「深刻な脅威」として検出されました。
アドウエアの場合、自分で認識してインストールしたものであれば、特に問題はないですが・・・

20060319124137.jpg

テストとして隔離してみました。
当然のことながら、これでFlashGetは起動しなくなりました。
まあ、隔離したものはいつでも元に戻せますから、特に問題はありません。
勿論、削除することも可能です。
どちらを選ぶかは自己判断の世界です。

20060319124146.jpg

ウィルス対策ソフトと同じように、定義ファイルは最新の状態にしておく必要があります。
これは自動的にアップデートを促す機能がついています。

20060319124153.jpg

定義ファイルのダウンロード中の画面です。

20060319124205.jpg

これで定義ファイルが更新されて、最新の状態になりました。

20060319124226.jpg

これが設定画面で、自分の好みに設定を行うことができます。
因みに、これは私の設定となっています。

20060319124234.jpg

このようにスケジュール設定も可能で、自動的にスキャンを行ったり、定義ファイルの更新を行えます。
ほかにもいろいろな設定が左側のメニューから行うことが可能となっています。

20060319124304.jpg

これがシステムに常駐している証ですね。
システムにかかる負担は少なく、スキャンしている際のCPU使用率も平均で60%と低くなっています。
過去にご紹介したソフトのCPU使用率がほぼ100%であったのと対照的ですね。

最後にお約束ですが、導入する際はベータ版であることをよくよく考えて慎重に行って下さいね。
システムに悪影響が及んでも、作者ならびに私には責任を負う事はできませんから・・・

あくまでも自己責任の世界です。
スポンサーサイト
この記事のURL | ソフトウエア | CM(8) | TB(0) | ▲ top
<<Winny 検索ツールについて | メイン | 想定外の落札商品>>
コメント
- スパイウェア -

これもちゃんと自分で対策しないといけませんね
ネットは便利な反面注意しないととんでもないことになりますもんね。CPU使用率が低いのはいいですね
結構RAW現像の時はパワー使っているみたいですし・・・
他にも結構常駐させてますから(笑)
2006/03/19 23:58  | URL | しーたけ #-[ 編集] |  ▲ top

- しーたけさんへ -

これはβ版ですが、結構完成度は高いと思います。
以前ご紹介したソフトが検出しなかったものも、ちゃんと検出したくらいです。
とにかくCPU使用率が低いことはポイントが高いですね。
2006/03/20 21:00  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- スパイ -

グレーゾーンもあるから微妙ですよね。
PCから外部に行く時、勝手に行く物があれば、自分で選択する物もある。

勝手に繋がる物を全て遮断すると困るので、その時、外に行くプログラムを選択しています。
2006/03/20 21:43  | URL | ふん転菓子 #-[ 編集] |  ▲ top

- -

インターネットが普及する前は、こんな問題はありえなかった
んですが・・・便利になった分、リスクも増えたわけですね。
自分のPCは自分で防衛する時代でしょうか?

最近は、面倒なことばかりですね。
2006/03/20 21:53  | URL | オクトパス7号 #E6kBkVdo[ 編集] |  ▲ top

- ふん転菓子さんへ -

グレーゾーン・・・確かに!
アドウエアでも危険な要素は少ないですから、後は
自己判断の世界です。
何でもかんでも削除しちゃうと、プログラムが作動しなくなっちゃうこともありますね。

ですから、あまり神経質な人は使わない方がいいかも。
ウィルスやスパイウエアを見つけるためにパソコンを使う訳ではないですからね。
2006/03/21 19:37  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- オクトパス7号さんへ -

今はWINNYの方がいろいろと問題を起こしているようですね。
まあ、これは使い手側の問題でもあるんですが。
違法ソフトやH画像などを落とすためにインスコしている人が多いんじゃないですか。

共有するということは、他からの侵入や流出を許可している訳ですよね。
いわば戸締りをしないで外出するようなものです。
まさか自宅を開けっ放しで出かける人はいないと思うんですが・・・
2006/03/21 19:40  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- 入れました -

以前はZEISSさんの紹介してくれたAd-Aware SE、Spybotを使っていましたが何でもかんでも削除したらアフィリエイトの管理画面にどうしても入れなくなってしまいました。
NIS2006はスパイウェアにも対応しているのでそれらは使わなくなりましたが、今度は全然何も検出しないので不安になっていました。
今回のこれは良いですね。
でも何も検出されませんでした。
これはNISが効いているからだと思いたい・・・。

ちなみに日本語化できなくて困りましたが自作で試したらOK。
何でノートはダメなの?と思ってて気付きました。
日本語パッチのアイコンが違う・・・。
何故かSDBETA-JP-R03.exeとR02.exeと二つ存在しました。
ノートの方にもR03をDLしてインストールしたらOKでした。
2006/03/22 20:44  | URL | EAGLE #-[ 編集] |  ▲ top

- EAGLEさんへ -

あー、何でもかんでも削除しちゃったんですか・・・
それはいろいろと不都合が生じたことでしょう。

ノートンインターネットセキュリティ2006なら、スパイウエア防止になっていますからOK牧場ですね。
娘の2005はそうはなっていないのかな?

これはもうちょっと長く使ってみないと何とも言えませんが、まだまだ進化するようです。
何しろ、まだべータ版ですから・・・
2006/03/23 20:19  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://zeiss1221.blog7.fc2.com/tb.php/254-c0304ad0
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。