2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
キャノンよ、どうした?
- 2006/05/24(Wed) -
『EF 70-300mm F4-5.6 IS USMに不具合発生』

060524.jpg


EF24~105㎜ f/4.0L IS USMに続いて、新製品にまたもや不具合が発生。
品質管理というか事前のテストはどうなっているんでしょうか?
それでなくとも新品のレンズに切削屑が混入していたり、ちょっと問題がありますね。
それだけ多く売れているから、というのは理由にならないと思います。
EOSユーザーとしては心配の種ですよ。

一眼レフカメラ用交換レンズ「EF70-300mm F4-5.6 IS USM」をご使用のお客さまへ
スポンサーサイト
この記事のURL | レンズ | CM(12) | TB(0) | ▲ top
<<お知らせ♪ | メイン | バードウォッチャーに朗報!>>
コメント
- またか -

またかって感じですね
24-105mmユーザーとしてはなおのこと、新製品出荷時の事前チェックを強化して欲しかったです。
今はどの会社も品質管理やCSには強化していると思うのですが・・・
信用を落とすようなことはやめてもらいたいですね
2006/05/24 20:27  | URL | しーたけ #-[ 編集] |  ▲ top

- しーたけさんへ -

このニュース?を聞いた時、しーたけさんの顔が浮かびました。
どんな気持ちなんだろうな、って。
私は20Dで痛い目に遭いましたが、品質管理に問題ありですね。
結構、ニコンに鞍替えした人たちが身近にいるんですが・・・
2006/05/24 22:16  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- 帰ってきた! -

今日のKissDN帰ってきました!
ミラーが綺麗。。当初ブルーだったので、何かのコーティング?と思いましたが違った!(爆)ストロボが出て来る所は点検で引っかかったらしく、無償交換。

後ピンじゃなく、前ピンでした。(爆)
2006/05/24 22:19  | URL | ふん転菓子 #-[ 編集] |  ▲ top

- ふん転菓子さんへ -

カメラが戻ってきたんですね。
やはりメーカーに出すと不具合が解消されますね。
これでビシバシ撮れますね♪

えっ、前ピン?
まあ、いいか・・・これで安心して撮れるというものですよ。
2006/05/24 22:41  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- 以前は… -

ありゃ~、こんな不具合が発生ですか…

私がカメラ店店頭に立っていた頃には考えられなかった事ですね。まぁ、その当時は、あったこと自体を無かったことにしていたような気もしますけど…(爆)

でも、はっきりと不具合を不具合として発表できる体質に変化しつつあるのは良いことだと思います。
とは言え、不具合は無い方が良いのですけどね。
2006/05/25 21:29  | URL | きつねのるーと #Knya96cQ[ 編集] |  ▲ top

- これって -

「周辺の一部で解像度が充分でない」ってのは、デジタルカメラならでは不具合では...?
モニタ画面で大きく表示できてしまうので、アラが目立つ、。
銀塩カメラの時代は、こんなに大きくして見る事=プリントにする事が無かったので、不具合が有っても気付かなかった、と。(^^;
2006/05/26 02:59  | URL | 滝たん #KIBXcwJI[ 編集] |  ▲ top

- -

私もこのレンズを買おうと思っていていろいろと調べていたのですが、アメリカのアマゾンでこの問題について読んで、躊躇していました(結局は70-200 F4Lにしました)。

キヤノン側が問題を認める形となって、良かったと思っています。こういう不具合で一番大変なのが、会社側に不具合を認めさせるまでの過程なので。ここまで来たらユーザー側も後はスムーズにサポートが受けられて良いのではないでしょうか。今後、ISが欲しくなったり、70-200の望遠端に物足りなくなったら買おうと思います。

不具合を認めた会社を叩くのは、逆に会社側に不具合を頑なに否定しつづける動機・口実を与えるので良くないと思いつつも、品質管理の責任を客に押し付けるなとも思っちゃいますよね、アメリカの会社でもあるまいし......。と、アメリカの物作りの会社で働く私は思うのでした。
2006/05/26 15:18  | URL | 名無しさん #-[ 編集] |  ▲ top

- きつねのるーとさんへ -

メーカーが認めたことは、ユーザーにとってもいいことだと思います。
20Dの時はなかなか認めなかったですから・・・
もしかして、原因の特定に時間がかかったのかもしれませんが、なかなかデリケートな問題ですよね。
早く対策がとられることを願ってやみません。
2006/05/26 22:00  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- 滝たんさんへ -

>縦位置で撮影した際、撮影画像の周辺の一部で解像度が充分でない場合がある・・・
横位置で問題がないとすれば、あくまでも推測の域を出ませんがISユニットなのか、それとも
レンズの固定の問題なのかな?と考えます。

確かに、デジタル(ピクセル等倍で見る)だからこそ、発見された不具合?かもしれません。
35㎜銀塩で全倍とかに伸ばす人は稀ですから・・・
2006/05/26 22:05  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- 名無しさんへ -

本来、名無しでコメントを投稿された場合、私は削除しますが今回は削除しないことにしました。
内容を見る限り、きちんとしたコメントだからと判断したからです。

アメリカで働いていれば、いろいろなケースでユーザーとメーカーの攻防はご覧になっているかもしれませんね。
今回のケースはメーカーも認めているし、私は叩くつもりはありません。
但し、ここ数年のキャノンの品質管理には疑問符がつくんですよ。
それゆえ、苦言を呈した形で記事を書きました。
因みに、私は熱烈なEOSファンであり、またEOSユーザーでもあります。
2006/05/26 22:11  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- 申し訳ございません -

名無し投稿申し訳ございませんでした。どうもハンドルを考えるのが苦手で、後で赤面しちゃう事がよくあるもので...。ちなみにこのハンドルはクリントイーストウッドの西部劇の3部作から頂きました。

Zeissさんがおっしゃる品質管理の低下の後には物を作って利潤を追求する会社の複雑なダイナミクスがあって、それのアメリカ化が日本製品神話の崩壊に繋がっていくのではないかと心配しています。

アメリカ式の経営になってくると、成功・失敗の判断は利益だけになり、品質という、本来の日本製品では「あたりまえ」であった部分に関しても、トレードオフの対象になってくるわけです。このへんの品質管理の手を抜いたら、この修整をやらなかったらどれだけ工数・コストの節約、出荷までの時間の短縮ができるか、そして逆に手を抜いた事によってどれだけのコストが会社に発生するかとか、経営会議で本気で議論されるわけですよ。そしてこの議論の中には、手抜きによって失う顧客の忠誠心であるとか、5年、10年先の影響であるとか、数値化しにくい物が含まれる事は希なので、品質関連は意外に手抜きの対象になりやすいのです。

この件に関しては、不具合を会社側が問題を認めた事は良かったと認めつつも、「叩く」とまでは言わなくとも、品質の低下に関しては会社に対して文句を言い続けなければならないと思っています。

正直なところ、物を作る側からしてみて、日本のユーザーというのはすさまじく細かくて、うるさいです。鬱陶しいと言っても良いかもしれません。同じ物を売っても、世界のどこからも苦情は出てこないのに、日本からだけは来るんですよ(笑)。以前は「このやろー」と思う事も多々ありましたが、最近は考え方が少し変わって、日本には比較的多くいる、「文句は言うけど良い物には金を出す」というタイプのユーザーが、高品質の製品を会社が作り出すための土壌を提供しているのだと思うようになりました。アメリカでは極一部の製品にしか(例:軍用)そのような土壌ってないんですよ。大多数の一般市民は安けりゃOKで、仮に高品質の物を与えても違いがわからないんです。こんなマーケットですから、中国製品が氾濫するわけです。

ちょっと変な話になりましたが、日本のカメラも品質で成功してきた物だと思いますので、変にアメリカナイズして欲しくないものです。そんなわけで、ユーザーはこれからも文句を言い続けて、散財し続けないといけないと思っています(笑)。
2006/05/26 23:28  | URL | The man with no name #x2qDYcT.[ 編集] |  ▲ top

- The man with no nameさんへ -

おはようございます。

いえいえ気になさらないでください。
でも最初はツッコミかなぁ・・・なんて思っちゃいました。
こういったネタを記事にすると、結構中傷というかあらぬ批判を浴びることが多いんですよ。
マナー関係の記事もそうなんですが・・・

文章を読んだらきちんとした内容でしたので、興味深く拝見しました。
そして今回のコメントも。
文化が違うと、いろいろとギャップもあるでしょうけれど、くれぐれも体調管理にはご留意ください。

手前味噌の宣伝になりますが、メインでやっている写真ブログがあります。
よろしかったら遊びにいらしてください。
ここです↓
http://blog4.fc2.com/zeiss85/
2006/05/27 09:42  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://zeiss1221.blog7.fc2.com/tb.php/266-8b788204
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。