2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
使っているCPUは?
- 2006/12/25(Mon) -
『Intel® Processor Identification Utility』



このユーティリティーは、インテル製マイクロプロセッサーのブランド、機能、パッケージ、意図されている周波数と実際の動作周波数を識別できるようにするのが目的です。
勿論、インテル社謹製で、インテルプロセッサーがインテルの定格周波数を超えて動作しているかどうかを知るためにも使用することができます。
とまぁ、CPUの確認をするツールといったところですね。
これは起動時に表示されるスプラッシュ画面ですが、キャプチャーできないので、バージョン表示にて表示されたものを使っています。


20061223211029.jpg

スプラッシュ画面が消えると、このような「使用許諾契約書」が表示されます。
勿論、「はい」をクリックして次に進みます。


20061223211002.jpg

周波数テスト画面です。
周波数判別アルゴリズム (スピード テスト) を実行して、プロセッサー内部の動作速度を判別します。
次にプロセッサーの内部データを調べ、このデータと計測した動作周波数を比較して、システム全体のステータスを表示します。


20061223211009.jpg

CPUテクノロジー表示画面です。
プロセッサー内蔵レジストリーを読み取って、サポートしているインテルプロセッサー・テクノロジーを識別して表示します。


20061223211015.jpg

CPUID データ表示画面です。
プロセッサー内蔵の正確な指示を読み取って、インテルプロセッサーを識別します。
ユーティリティーはこの指示を解釈して、プロセッサーに関する情報を表示します。

とまぁ、これだけのことをしてくれるわけですが、必須のユーティリティというものでもありません。
一般ユーザーに対しては、興味がある人向けのユーティリティなんでしょうね。
興味がある方は↓からどうぞ♪(サイトは英文ですが、そう難解な構成ではありません)
「Intel® Processor Identification Utility」
スポンサーサイト
この記事のURL | ソフトウエア | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<ひつまぶし | メイン | スーパーマルチドライブ>>
コメント
- 昔は -

昔はclock upなどにかけていた時期もありますが最近はどうでもいいかなって気がしますね
人間も同じでしょうが必要以上に尻をたたかれると寿命が短くなるような(^^;

最近この手のソフトを使うのは身近な人で自分のマシンのspecが分からないって言うときに調べるのに使います(^^)
2006/12/25 13:23  | URL | しーたけ #-[ 編集] |  ▲ top

- しーたけさんへ -

こういったユーティリティはフリーソフトでもいろいろとありますよね。
私のような素人には、分かったからどうなるってものでもないんですが・・・(笑)
まぁ、インテル純正ということでご紹介させて貰いました。
2006/12/25 22:14  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- -

インテルもいろいろユーティリティを出している
のですね。フリーソフトでも同じようなものがあ
りますが、インテル純正だけに安心です。
2006/12/25 23:38  | URL | オクトパス7号 #E6kBkVdo[ 編集] |  ▲ top

- オクトパス7号さんへ -

インテルジャパンのホームページを見てもいろいろなツールがあります。
これはたまたま見つけたんですが、前からあったんでしょうね。
Ver.3XXXになっていますから。
何はともあれ、純正という安心感がありますね。
2006/12/26 01:34  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://zeiss1221.blog7.fc2.com/tb.php/344-314fe586
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。