2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
西沢渓谷で森林軌道跡を見た
- 2005/05/17(Tue) -
橋脚の跡

IMG_9363.jpg

西沢渓谷の入り口より歩いて10分程度の場所です。
道はここで90度左に曲がり、正面奥には砂防ダムの滝が流れ落ちていて、すぐにわかる場所です。
これは明らかに森林軌道が使っていた橋脚の跡です。

以下の「」書きは、山梨市(旧三富村)が立てた看板の文章を引用しています。

「このトロッコ軌道跡は、三富村と塩山を結ぶ三塩軌道と称し、昭和8年から昭和43年まで、主に西沢・東沢一帯の県有林の木材搬出に活躍したものです。
全長は36kmで、自然勾配をブレーキだけで塩山駅まで下り、登りは馬で二台ずつ引き上げていましたが、昭和20年頃からはディーゼル機関車で6~8台を広瀬ダムの対岸にあった中土場まで運び、そこから奥16kmは馬に頼っていました。」



帰りのトロッコ道の写真は枚数が多いため、続きをご覧下さい。
帰りのトロッコ道にて

IMG_9667.jpg

不動滝から「胸突き八丁の階段」を登りきると、あとは緩やかなトロッコ道を下って行くだけです。



IMG_9692.jpg

崖にへばりつくように敷設された軌道跡が崩れかけていました。
現在では頑丈な橋が手前に架けられていますが、以前はハイカーもここを通りました。
私も最初に訪れた時は、ここを通ったような記憶があります。

「木材搬出の工程は、伐採を専門とするものと、積子(つみこ)といって丸太をトロッコに積む者、及び、運材夫といって中土場までまで運び、これを塩山駅まで運ぶ業務をそれそれ分業で行っていました。
県有林からの木材の搬出の合間に、民間の者も炭・薪・繭等の搬出、米を始め、あらゆる生活物資の搬入に、このトロッコを利用していました。」




IMG_9755.jpg

渓谷に沿って森林軌道跡は左に右にと曲がって造られています。
新緑の中を歩くのは気持ちの良いものです。



IMG_9758.jpg

間もなく大久保沢を渡ります。
この下流で大久保沢は滝(大久保の滝)となって西沢に注ぎます。
ここまでくれば、帰りのトロッコ道は半分歩いたことになります。


IMG_9761.jpg

この辺りは崩れやすかったのか、立派な築堤?が見られました。
ここにはどんなトロッコが走っていたのでしょうか?


IMG_9765.jpg

レールが渓谷側に押し出されていました。
眼下には水の流れが見えます。

「これら(生活物資)は、軌道使用料条例によって、塩山林務事務所が発行する切符により、その荷重と距離により、使用料が定まっていました。三塩軌道は、戦後の食糧難等、幾多の危機を乗り越えて、昭和37年頃まで全盛を続けていましたが、やがて国道が整備され自動車輸送に変わり、いつしか衰退し、昭和41年、中土場~塩山駅間の軌道は撤去されました。
かつては戦前黒金山の銅鉱採掘による鉱石運搬・また鶏冠山から採掘された硅石の運搬は最後まで行われていましたが、昭和43年に歴史を閉じました。」


西沢渓谷はいろいろと見るものが多いのですが、この森林軌道跡を見るのも楽しみの一つでした。
スポンサーサイト
この記事のURL | 写真 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
<<お知らせ | メイン | ミモザに実がなりました>>
コメント
- -

このトロッコ軌跡を見るとなぜかホッとします。折り返し地点ですがあとは緩やかな下り坂ですからね。そしてこの線路跡をみるとトロッコが全盛だった昔どのような生活をしていたんだろうかなど想像しながら歩きます。
緑も多いし最高ですネ

トロッコ軌跡といえばここからさほど離れていない入川渓谷が埼玉側にありますね(^^)
2005/05/18 07:09  | URL | しーたけ #-[ 編集] |  ▲ top

- -

しーたけさんのところでもこのトロッコ軌跡の写真をみましたが、趣があって本当良いですよね。
このトロッコ軌跡の撮影の為に西沢渓谷に行きたいぐらいです。
2005/05/18 11:08  | URL | あんる #-[ 編集] |  ▲ top

- しーたけさん -

同感です。
やっとここから緩い下り坂ですから・・・
今回は「石楠花」と「森林軌道跡」も目的でしたから足取りは軽かったですよ。(笑)

入川渓谷?
えー、それってどこなんですか???
2005/05/18 12:45  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- あんるさん -

トロッコ跡だけで西沢渓谷へ行くのはもったいないです。
オマケ程度にしておいたほうが・・・

やはり滝と渓谷美、そして原生林をはじめとする大自然ですね。
勝沼ICからはそんなに遠くはないので、是非行ってみて下さい。
革靴では×ですよ。
2005/05/18 12:47  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- 入川渓谷って -

実はまだ私も行ったことないのですが看板だけは見ます(^^;
うちからだと西沢渓谷へ行く途中になりますが・・・
これを一応貼っておきます。(たぶん貼っても問題ないと思いますが)
参考になるかな?
http://www.railfan.ne.jp/chichibu/hk/irikawa/
2005/05/18 13:07  | URL | しーたけ #-[ 編集] |  ▲ top

- こんにちは。 -

トロッコが活躍していたころを思い浮かべてしまいました。
頑張っていろいろなものを運んでいたんでしょうね~
でも、最後の画像…高所恐怖症の私には。。
(汗)
2005/05/18 13:27  | URL | かおる #-[ 編集] |  ▲ top

- しーたけさん -

リンク先を見ました。
残念なことに、フリでは行けないところなんですね。
そうなると益々行きたくなってしまいます。
2005/05/18 19:44  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- かおるさん -

最後に走っていた時は、かおるさんはまだ生まれていなかったことでしょう。
私は・・・ヒミツです(笑)
ここへ来るたびに、当時はこうだったのかなあ、と想像をめぐらせるだけです。
2005/05/18 19:45  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- とろっこ -

なんか、こう書くと龍之介みたいですね。

さて、西沢渓谷のトロッコ跡は、それだけを目当てに行くのがマニアの間で流行っているそうです。私は、どうしようと思っていたのですが、なんか実物を見たくなってきました。

ちなみに、森林鉄道でディーゼル化が進んでいた理由は、火の粉がでないからです。森林火災を心配したので蒸気よりもディーゼルを使用していたようです。
2005/05/20 14:08  | URL | きつねのるーと #G91RSZjw[ 編集] |  ▲ top

- きつねのるーとさん -

遅れましたが、やっとアップしました。
滝、渓流、木、花、山をたくさん見て、帰りには森林軌道跡を歩くといった贅沢な一日でした。
ぜひ一度訪れてみてください。
2005/05/20 20:10  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://zeiss1221.blog7.fc2.com/tb.php/37-83bd2176
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。