2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
乗鞍高原・番所大滝からヒミツの場所へ
- 2007/05/06(Sun) -
『番所大滝を見た後は・・・』



「Digital Photo Gallery by ZEISS」からジャンプして来た方は、お待たせいたしました。
いよいよ番所大滝より奥に入った地点にあるモノをご覧に入れることにしましょう。
見たら「何~だ!」と言われちゃうかもしれませんが・・・(;´▽`A``

まだ「Digital Photo Gallery by ZEISS」をご覧になっていない方は、先でも後でも結構ですので、ご覧いただければ嬉しく思います。
この番所大滝(ばんどころおおたき)は、乗鞍高原でも水量が豊富で、さほど苦労しないで見ることが出来ます。
苦労しないでと書きましたが、あくまでも私が基準となっています。
普段、運動不足の方は帰りがかなり大変な道のりになるかもしれませんね。

さて、この番所大滝ですが、落差は40mほどあってなかなか見ごたえがあります。
乗鞍でもお気に入りの滝となっていますが、いつも立ち寄る場所があります。
それは・・・(続く)
R070506_02.jpg

普通の方は、上流にある「千間淵」を訪れます。
そこは天邪鬼の私がやるところで、下流の怪しげな場所につい足が向いてしまいます。
訪れる人も殆どいない、途中の道が不安に思えるような場所です。

因みに、これは来し方を振り返ったもので、滝見台にいた人たちは誰一人来ようとはしません。
ガイドブックや観光パンフレットにも載っていない場所ですから当たり前かもしれませんね。
でも、つい見に行きたくなるんですよね。←変人か?


R070506_03.jpg

看板(注意書きか?)がありますが、いつも読んだことはありません。
ここが何をする施設なのかは興味がありません。
興味があるのは・・・


R070506_04.jpg

この優美な渓流と・・・


R070506_05.jpg

何と言ってもこれです。
岸壁に染み出している黄緑状のもの。
多分、硫黄ではないかと思われますが、何とも形容しがたい眺めでしょう?

少なくとも苔ではないようです。
どなたかご存知の方がいらっしゃったら、ご教示いただきたいと思っています。
因みに、平湯大滝の岸壁にも一部、同じようなものが見られます。
(ジャンプ先の記事では、3枚目が分かりやすいと思います)

「何だ、こんなものを見るために行っているのか?」と呆れられてしまいそうですが、人間の興味って説明しにくいですよね。
まぁ、気になるから行っているものでして、無理やりご覧に入れてスミマセン。
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(12) | ▲ top
<<IE7.0の使い勝手を良くする! | メイン | 東京タワーへ・・・>>
コメント
- お邪魔します -

荘厳な滝ですね。
うっとり見てました。
あのつり橋は怖い。

崖の黄色ですよね、硫黄じゃないかな。
また、父に聞かないと。
以前の白馬から行った温泉はプ-ルがあったんなら、葛温泉だと言われました。
2007/05/06 00:56  | URL | ネネ #-[ 編集] |  ▲ top

- -

おぉっ?川魚がとびはねてきそう!
崖の岩肌・・いいですねぇ。私も好きです。

でも、たまには、注意書きも読んでみると、何か面白いことがわかるかもしれませんよー(笑)
2007/05/06 01:59  | URL | ENO #NzyahQ86[ 編集] |  ▲ top

- 硫黄が異様に(^^;; -

飛んできたよ~~(^^;;
うわ~~素晴らしい眺めですねぇ~~痺れます^^♪
神秘的な岩壁の黄色ですねぇ~
確かに硫黄なんでしょうねぇ~
苔には見えませんから(^^;;
つり橋があったり渓流があったりで目を楽しませてくれますね^^
私も滝があると滝壺手前の渓流やその川の源流まで行きたくなります^^

私も雨の寸又峡へ翌日は井川へ行ってきました
寸又峡はUPしましたが後日井川もUPしますね~
でも奥大井はまだ枯れ木だったので行かなかった(^^;;
急遽山梨へ抜ける山伏へ向かいました(^^;;
2007/05/06 09:02  | URL | @ひろちゃん #-[ 編集] |  ▲ top

- すごいですね -

乗鞍方面に行かれたとのこと、どこ?と思っていましたらこんな秘境に行かれていたのですね。
すごい迫力に言葉がありません。
最後の岩壁は特にすごい・・・。
2007/05/06 18:15  | URL | KAEDE #-[ 編集] |  ▲ top

- -

今年はもう少ししたらぼちぼちお出かけしようかなと思っています。
例年ですと1箇所くらいは行っているのですが。
うーん ラストの岩肌やっぱりすごいです(^^)
2007/05/06 20:33  | URL | しーたけ #-[ 編集] |  ▲ top

- 着地! -

飛んできました。

あぁ、これは凄いですね!
成程と納得いたしました。
でも一人だと、ちょっと怖いな…。
特にあのつり橋、ダメだ。
私は渡れないです…、とほほ。
2007/05/06 21:05  | URL | すうすう #-[ 編集] |  ▲ top

- ネネさんへ -

こんばんは。

なかなかいい滝でしょう?
乗鞍へ来るたびに必ず見に行っているところなんですよ。
飛沫も結構浴びるので、迫力満点です。

あっ、やはり最後の岸壁の黄緑状のものは硫黄でしたか?
多分そうだろうなぁ、と思いつつも確認はしていなかったんですよ。
ここはガイドブックにも載っていない場所なもんですから・・・

吊橋は高いところにかかっている訳でもないので大丈夫ですよ。
下も殆ど見えないし。
2007/05/06 22:12  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- ENOさんへ -

うーむ、実はここで魚を見たことはないんですよ。
あまりにも激しいので棲んでいないのかも知れません。
この下流の怪しい(←勝手な思い込み)施設近辺でも魚影は確認しとりませんです。

>でも、たまには、注意書きも読んでみると、何か面白いことがわかるかもしれませんよー
そうですね。
今度読んでみることにしましょう。
2007/05/06 22:15  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- @ひろちゃんへ -

>硫黄が異様に(^^;;
あっ、@ひろちゃん、いきなりオヤヂギャグ(笑)
誰かやるとは思っていたけれど・・・

でも、この岸壁はなかなか見ごたえがあるでしょう?
駐車場に戻るには、この高さを登っていかないといけないんだけれど・・・
運動不足の人にはちょっとハードかもね。

>つり橋があったり渓流があったりで目を楽しませてくれますね^^
実際のところはとても地味な場所ですよ。
フツーの観光客は一度来たら二度までは来ないでしょう(笑)

>寸又峡はUPしましたが後日井川もUPしますね~
寸又峡はさっき見てきました。
まだコメは入れていないけれど。

>急遽山梨へ抜ける山伏へ向かいました(^^;;
どんなところだろう・・・楽しみですね。
2007/05/06 22:20  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- KAEDEさんへ -

乗鞍はいろいろと見所満載で、飽きることがありません。
もう何度も訪れていますが、また行きたくなる場所ですね。
滝以外の4枚はちょっと地味ではありますが、いつも気にしているんですよ。

>最後の岩壁は特にすごい・・・。
なかなかでしょ?
普通の観光客はまず、ここには来ないと思います。
乗鞍の観光で検索かけても引っかかりませんから(笑)
2007/05/06 22:23  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- しーたけさんへ -

滝へお出かけするにはいい季節となりました。
いつもなら西沢渓谷に行く時期ですが、今年のGWはパスしました。
何となく気乗りがしなかったことと、もう少しあそこの緑が濃くなってからにしようかな?
と思ったからなんですよ。
日光もいいし、群馬県にもいい滝はたくさんあります。

>ラストの岩肌やっぱりすごいです(^^)
なかなかいいでしょう?
硫黄があれだけ染み出しているのも、そうそうはお目にかかれないと思います。
2007/05/06 22:26  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- すうすうさんへ -

一人では心細い場所ですよ。
特にこの日はまだ天気は回復はしていませんでしたから・・・

吊橋は大した高さはありませんから、大丈夫ですよ。
それに、頑丈に出来ていますから、まず落ちる心配もありません。

でも、こんな怪しい場所に出かける私って・・・(笑)
2007/05/06 22:28  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。