2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
画面の構成について
- 2005/06/14(Tue) -
メインの被写体をどこに置くか?

目の前に撮りたいものがあるとします。
皆さんでしたら、画面のどこに置いて撮影されるでしょうか?

最初にお断りしておきますが、答えや結論を出すわけではありません。
ちょっとした撮影のヒントになれば、という気持ちからこれを書いています。
そこのところを誤解されませんようお願いいたします。

では、二枚の写真をご覧いただくことにしましょう。

IMG_050614_02.jpg



IMG_050614_01.jpg

ガクアジサイを撮影したものですが、それそれが反対の位置になるようにメインの被写体を持ってきました。
比較のために、ど真ん中の写真があっても良かったですね。(反省)
なお、ソフトフォーカスレンズで撮影してありますので、何だかボケたような描写になっています。
そこのところはご了解下さい。

私はどちらもアリだと思います。
なぜなら、撮影者が何を意図して撮ったのかが重要ですから。
一般的には上の写真の方がバランスとしてはいいとされています。

でも、常識なんてものは誰かが決めたことで、社会ルールではない限り自由だと思います。

よく「日の丸構図は良くない」としている写真の解説書を見かけることがあります。
こんなことを書いたりするから、それを読んだ方は不自然なくらいにメインの被写体を右に寄せたり左に寄せたりしてしまうんですよ。
私は日の丸写真は大いに結構だと思っています。

一昨日も書きましたが、基本と言うものは存在します。
だからといって、他人の撮り方を否定するのはどうかと思ってしまうんですよ。
現に、この私はその常識論に長いこと支配されていて、個性のある写真を生み出すことはなかなか出来ませんでした。

あるとき、ちょっとしたことがきっかけとなって、その呪縛から解き放たれました。
そのきっかけは誰かが教えてくれるわけではありません。
自分自身が気づかないと、いつまでたっても真似で終わってしまいます。
自分で見つけましょう。

何だか、またもや偉そうなことを書いてしまいましたね。
とにかく、肩がこるような理論に振り回されるのはやめましょう!というのが、私の持論なんです。
写真は素直に楽しく・・・これが一番です。
悩んだら考える。
そうして一歩一歩前進していくんではないでしょうか?

それでは、楽しい写真ライフを!
スポンサーサイト
この記事のURL | 写真 | CM(17) | TB(0) | ▲ top
<<今一番気になるレンズ | メイン | バードサンクチュアリ体験記>>
コメント
- ( ^-^)ノこんばんは♪ -

写真って個人の個性で撮影すればいいと私は思います。
見る人によって作品の好みも違うもんね。
自分では納得している作品でも人から見ればな~んだって作品もあるでしょう。
ZEISSさんの言う通り人の真似するより自分の感性で撮影すればいいと思います。
また一つ一つの作品に対する意図も様々ですし!
素直に自由に楽しく!同感します。
私も長年HPを通して様々な方と知り合いました。
その内性格とかも勝手に判断するようになり 時には不愉快な思いも度々してきましたよ。
自分の意見を人に押し付けるような発言は大嫌いです。
そんな経験から 人に振り回され一時撮影するのが嫌になった事もあります。
だけどある日自分らしく自分の思うままに撮影すれば楽しいもんだと気づきました。
今ではそんな作品を見て何かを感じてくれる人がいれば嬉しく思います。
2005/06/14 02:38  | URL | 風華 #X2wlbK7I[ 編集] |  ▲ top

- -

基本は長年経験者達が積み重ねたものですからしっかり抑えるべきでしょうね
ただそれにとらわれているだけでもダメだと思います(^^)
やはり理解したうえで自分なりの世界を作り上げるのが理想ではないでしょうか?

世界は違いますが昔の王の1本足や野茂のトルネード、イチローの振り子打法などいわゆる基本と違うスタイルです。
ただ見た目は違いますが抑えるところは抑えているんですよね。

2005/06/14 07:35  | URL | しーたけ #-[ 編集] |  ▲ top

- -

私の場合、基本がまったくありません。
どこかで書いたと思うのですが、写真を始めたきっかけは絵を描くための風景撮影からです。
その頃は、気に入った部分よりも広く写しておくというように、記録だったのですね。
家に帰ってから、その写真見ながら、構図を考え、色を思い出してという具合です。
ですので少々露出が間違っていても、余計なものが写っていてもお構い無しでした。実際、絵を書くときに省きますから。
それでも、きれいな写真を見るたびにこのような写真を撮って見たいと思うようになりました。
ZEISSさんやしいたけさんの写真を見るようになってから色々な技法にも興味がわきました。
写真の場合、撮った瞬間が絵になっていなければならないので難しいですね。
そういう点で、このブログは大変参考になっています。
最近では、あまりに基本を抑えていないので逆に気になっています。
ですので真似から始めようというところでしょうか。
その点デジタルはいいですね。
2005/06/14 10:38  | URL | N2 #-[ 編集] |  ▲ top

- 基本と斬新。。 -

何でも基本は有ります。でも斬新さも必要。
人が美しく感じる比率と言うものは確かに存在します。
「ピラミッド。日本庭園。¥10玉の裏側の建物。富士山。」
その他沢山あります。

国や環境も違うのに共通している事は「黄金比」。
最近のハイビジョンテレビの比率で、人が一番美しく見える比率だそうです。

特に植物は解らない事が多いので、色々な角度から撮影します。

例えばHerbのミント類。
葉っぱの裏側は、白い羽毛で覆われています。人の視線で見ていれば、気が付きませんよね。足首程度の植物は、表面しか見る事が無いのです。

花の写真を撮影する事は、植物を撮影するという事。
色々な発見が出来るのも自由な構図があるからだと思います。

今回の「お題」とは違い、私の場合は、植物観察ですね。(笑い)
2005/06/14 10:50  | URL | ふん転菓子 #F1fVxx/w[ 編集] |  ▲ top

- 風華さん -

こんにちは!
そうですね、悩むまでは感性で押し切ってもいいかなと思います。

>自分の意見を人に押し付けるような発言は大嫌いです。
ギクッ、このブログも時々そうなっているかも(^_^;A

まあ、私の場合は勝手な意見というか、むしろ常識を少々覆すというか、
発想の転換の奨励みたいなもんです。

私もそうでしたが、何でうまく撮れないのかなあ、と長く悩んだものです。
何とかまともに人に見せる写真を撮れるようになったのは、ここ一年半の
ことです。
ネットで作品を公開するようになってからですね。
やはり、刺激というものは必要な感じがします。
2005/06/14 19:24  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- しーたけさん -

仰るように、基本は大事です。
でも、私は馬鹿の一つ覚えのように忠実すぎたのか、進歩が
なかったんですね。
要は、一歩も踏み出せなかったということ。

だから、冒険も必要だなと思うんですね。
悩んだり、行き詰ったら、また初心(基本)に立ち帰る。
これでいいんじゃないかと思っています。
2005/06/14 20:02  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- N2さんの場合は・・・ -

出発点が違ったんですね。
でも、よく見かけますよ。
絵を描くために写真を撮るという方を。

今度は写真を作品として撮るようになると、ちょっとスタンスが
変わってきますね。
自分自身が納得のいくものや、人を感動させることができるもの、
といろいろありますね。

私の場合は、自己満足の世界ですから、本当はここで偉そうなこと
を言える身分じゃないんですが・・・
2005/06/14 20:06  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- ふん転菓子さん -

基本があっての応用でしょうね。
そして、その中から斬新なものが生まれる・・・
と私は解釈しています。

>足首程度の植物は、表面しか見る事が無いのです。
そう、物事は一面でしか捉えないと薄っぺらなもので
終わってしまいますね。
そこで、発想を変えて、もっと違う見方はないのか、
言い換えれば、違った撮り方は出来ないのかと。

だから、私は上からだけでなく、下からも、真横からも、
後から前から、あっ、これはちょっと違う(爆)

そして、私の場合は何よりも光をよく見ます。
撮影テーマが「光と影」ですから。
2005/06/14 20:11  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- -

私は日の丸構図も多いですが日の丸構図をやめようとググッと寄せちゃってるのもたくさんあります。
要するに勉強不足、センスがないのですがそれが私の写真なのだといい訳して良いものかどうか?
癖とは恐ろしいもので同じような写真ばかりになりますね。
2005/06/14 22:06  | URL | EAGLE #-[ 編集] |  ▲ top

- -

なかなか難しい問題ですね。写真雑誌は良く見るのですが、構図を詳しく解説してあっても結局撮る時は忘れてるんですよ。
基本も大切でしょうが、最初から独学ですので撮りたいと思う自分の気持ちのままに撮っています。
2005/06/14 22:34  | URL | riri #.Yy.42bw[ 編集] |  ▲ top

- EAGLEさん -

無理に日の丸構図を崩さなくてもいいと思いますよ。
結局、そういったものが呪縛となってしまうんです。
私がそうでした。

私は結構日の丸構図は多いですよ。
メインとなる被写体をバランスよく配置はしていますが、
結構ど真ん中に近いですね。

無理をすることはないんですよ。
自分がいいなと思えばいいんじゃないでしょうか?
2005/06/14 22:46  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- ririさん -

こんばんは!
こんなものをテーマにしたら荒れるかも(笑)

よく写真雑誌などに構図の良し悪しを○×で表記して解説
をしているものを見かけることがあります。
概ね間違いとは言えないでしょうが、中には「オイオイ、
しっかりしてくれよ!」というレベルの解説もあります。

勿論、基本は大事です。
でも、結局は撮影者自身の感性や創造にかかる部分が多いと
思います。

>撮りたいと思う自分の気持ちのままに撮っています。
それでいいと思います。
壁にぶつかって悩んだりしたら、初心(基本)に戻れば
いいのかな、と私は思っています。
2005/06/14 22:51  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- 私の基本 -

最近は、鉄道メインで撮影をすることが多くなってきたので、撮影時に構図を考える時間が出来てくるのでそうでもないのですが、最初の頃はスナップショットを基本としていたので、構図は二の次三の次になっていました。
ですから、構図の基本があまり理解出来ていなかったのですが、撮影時に構図を考えるようになってから少しは学習したようです。ただし、基本に捕らわれ過ぎるのも考え物ですね。先月くらいに発売された鉄道雑誌の写真相談コーナーではみ出し構図のカットが雑誌の表紙を飾っていたのは鉄道写真の基本に外れているのだけどそれって、アリなんですか?と言う若年層の問い合わせが多数きたことがあって困ったと言う記事を読んだことがあります。

そのように基本から外しても撮影意図が明確になるのなら、それはそれで良いのではと思います。ただここで、気をつけたいのはそれが万人に理解されないかもしれないと言うことです。自分が満足していればそれで良いと割りきりが出来ないのなら、基本に忠実な撮り方をしていたほうが面白いでしょうね。
2005/06/14 23:49  | URL | きつねのるーと #Mom3fmKk[ 編集] |  ▲ top

- -

私自身も基本的な勉強をしたことはありませんが、
絵も写真も、音楽もまずは自分がある程度納得できることが
大事なことかな?と思います。人それぞれ感覚は違いますからね。
ただアドバイス的なことは、私自身聞きたいし、参考にもしたいですね。
ZEISSさんをはじめ、いろんな方の写真を見せて頂くことは
すごく良い刺激にもなりますし、勉強にもなります。
ここ最近は初心に戻ってやってみようかな?と思っています。
2005/06/15 00:17  | URL | ふみ #-[ 編集] |  ▲ top

- きつねのるーとさん -

フレームからはみ出すほどの被写体(鉄道車両)は、迫力ものですね。
基本からは確かに踏み外していますね。
ただ、意図が明確であればOKだと思います。
私はシャッターにタイムラグではみ出したことはありますが(笑)

そうですね、私も若い頃にSLを撮っていた時は我武者羅でした。
後からみればSLが画面いっぱい・・・
写友の撮ったものは背景がうまく取り入れられていて、ショックでした。
それからは背景や全体のバランスを考えながら撮るようにはなりましたね。

そうだ、旧作(白黒ですが)をスキャンして、徐々に掲載していこうかな?
ただ仕舞っておくだけでは勿体無いもんね。
2005/06/15 08:44  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- ふみさん -

私は学校を出てから、すぐに写真業界に就職したんですが、
撮影に関しては独学に近いものがありました。
その後、丸林正則先生をはじめとしたプロカメラマンの指導
を直接受けたことはあるにはありますが・・・
一日限りとか、スポットでしたね。
私がネイチャーフォトをやるようになったのは、この時代に
丸林先生の指導を受けたことが大きいかもしれません。

一時、写真から遠ざかっていた時代がありましたが、再び
始めた時にはかなり腕が鈍っていました。
下手になったもんだなあ、と思いながら子供の写真ばかり
撮っていました。

そしてまた中断・・・病気なんかで一年以上仕事を休んだこと
なんかも影響したんですが。
30台半ばにして、今度は本格的に復活です。
カメラのシステムも思い切って入れ替えました。
でも、なかなか思うようには撮れなかったですね。
昨年春、沖縄太郎さんのサイトに投稿するようになってから
何とか人に見せられる写真が撮れるようになった気がします。

まだまだ、これからです。
2005/06/15 08:51  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- 現役時代の蒸気 -

現役時代の蒸気のモノクロ写真ですか。
時間があるようでしたら、見せて欲しいですね。

もちろん、鉄道以外のモノクロでも見たいですけど。
2005/06/16 00:52  | URL | きつねのるーと #AGI7I832[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://zeiss1221.blog7.fc2.com/tb.php/63-e0c6ed06
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。