2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
私が手持ち撮影する理由
- 2005/06/16(Thu) -
写真を撮影する時は、三脚を使ったほうがいいのは言うまでもありません。
でも、私は花などを撮る時は手持ち撮影が圧倒的に多くなります。
そうせざるを得ない理由があるからです。

私の撮影テーマは一貫して「光と影」です。
すなわち、日頃から光を追い求めると言いますか、綺麗な光を探すことから始まります。
そして、そこにいい被写体があればしめたものです。(言い方は悪いですが・・・)

ちょっとここで二枚の写真を見ていただきましょう。


IMG_050616_01.jpg



IMG_050616_02.jpg

上の写真の撮影時間は、午前11時18分05秒です。
下の写真の撮影時間は、午前11時19分14秒です。

一番大きなキノコを見比べてみて下さい。
下の写真では、もう木漏れ日は当たっていません。
わずか1分後のことです。
実際は、上の写真を撮影した30秒ほど後には、一番大きなキノコには日が届いてはいませんでした。

木漏れ日は、刻一刻と変化していきます。
木漏れ日だけではありません。
早朝や夕方の低い光線でも同様のことが言えます。

とにかく時間がないんです。
三脚をセットしてカメラを取り付けてからでは遅いんです。
だから、やむを得ず手持ち撮影が多くなっている訳です。
手持ちが好きだから、あるいは面倒くさいから三脚を使わないのとは理由が違います。

「じゃあ、はじめから三脚にカメラを取り付けておけば?」といった意見が出そうですね。
私はそんな危険なことはやりません。
三脚にカメラを取り付けたまま移動することは極めて危険なんですよ。
バランスが悪いから、どこかに三脚をひっかけて転んだり、機材をぶつけて破損する恐れがあります。
それに、カメラを取り付けたまま脚を伸ばしたり縮めたりすることになりかねません。
私はそうした人が機材をぶつけたり、壊したりしている現場を何度となく目撃しています。

そういった理由なんです。
決して手持ち撮影を奨励しているのではないんですよ。

時間的に余裕があるときは、これでもきちんと三脚は使っています。
やはり、安全確実ですからね。
スポンサーサイト
この記事のURL | 写真 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
<<レジストリの最適化について | メイン | 今一番気になるレンズ>>
コメント
- -

そうですね。雲の動きで太陽が隠れてしまったり、
お花の撮影の場合は、三脚を立てるスペースがなかったりと
むずかしいところがありますね。
手持ちでも手振れないように、日頃から練習しておくことも
大事なことだと思います。
あとは一脚を活用ですかね?
2005/06/16 00:20  | URL | ふみ #-[ 編集] |  ▲ top

- 三脚 -

三脚使用は基本だけど、それだけでは光を捉えきれないのですよ。と言うことですよね。
するとそれは、ネイチャーフォトのスナップショットですね。三脚を使っても、手持ちでも同じように写真が取れるようになったほうが、チャンスをものに出来るからですね。使い慣れたレンズだと、構え方の工夫次第でスローシャッターも切れるようになるし、超望遠の手持ちも出来るようになるかもしれないですからね。
チャレンジすることが大切ですよね。
2005/06/16 00:47  | URL | きつねのるーと #AGI7I832[ 編集] |  ▲ top

- -

私の場合、クイックシューなので若干は装着が楽ですかね
どうしても時間がない時、または動きのあるものの場合一脚を補助的に使う事もあります。これを使うとシャッターを切った時のブレが軽減しますから。
普通に構えられればいいのですがどうしてもマクロを使う状況の時はかがまなければいけない状況等不自然な格好がおおいですから(笑)
2005/06/16 07:21  | URL | しーたけ #-[ 編集] |  ▲ top

- -

お久しぶりです。
三脚にカメラを付けての移動って、バランスも悪く気を遣いますね。
でも、面倒くさくて、そのまま移動しています(;^_^A
もちろん短距離だけですが。
それでも、なかなかうまく移動できませんので、いずれZEISSさんの
見た光景が・・・。
そうならないように、以後気を付けたいと思います(^。^)
2005/06/16 07:52  | URL | FOX #-[ 編集] |  ▲ top

- ふみさん -

ここ数ヶ月は花の季節で、木漏れ日を含めて
微妙な光線で撮影をしていたせいでしょうか
手持ち撮影が多かったですね。

初めのうちは三脚を使おうとしたんですが、
セットしたら光が変わっていたり、なくなって
いたりと泣きを見たんですよ。

とにかく一期一会の世界かもしれませんので、
とにかく一枚が数枚、数十枚となりことが普通
となってしまいました。
お陰で、かなりの低速シャッターでも、あまり
ぶれることなく撮影できるようにはなりました。
その場合の機材は20Dではなく10Dに限ります。

仰るように、一脚の使用は効果ありです。
2005/06/16 20:05  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- きつねのるーとさん -

その通りです。
ふみさんのところでも書きましたが、セットしている間に
光が変化するんですね。
本音を言えば、三脚を使ってきっちりと撮りたいんです。
でも、なかなかそうはいかない・・・

普通の光でしたら大丈夫ですが、やはり木漏れ日なんかの
ような微妙な光は、使用することを躊躇ってしまいます。
これを読んでいる方の中には、「オーバーな・・・」と思って
しまうかもしれません。
でも、それだけ難しい光を求めてしまうんですね(笑)

手持ち撮影の鍛錬の成果で、70-200㎜f/2.8+テレコン2×
でも、腕がプルプルしなくはなりましたよ。
それによって、チャンスは大いに広がりました。
2005/06/16 20:13  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- しーたけさん -

クイックシューを使うことはいいことですね。
何よりも着脱の手間が軽減されますから、三脚を使おう
という気になりますね。
私も時々は使っていますよ。

あと、一脚も便利なアイテムです。
勿論、私の車のトランクには、三脚と並んでオネンネ
しています。

まあ、マクロの場合は、人様に見せられないような格好
で撮影することが多いですからね。
そんな時は「豆袋」です。
2005/06/16 20:18  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- FOXさん -

暫くです。
お仕事忙しそうですが、無理しないで下さいね。

それと三脚+カメラも無理しないで下さいね(笑)
それ、とても危険です。
思わぬ落とし穴がありますから・・・

しーたけさんのようにクイックシューを使うと、
着脱が面倒ではなくなります。
私もクイックシューは時々使いますよ。
便利です。
2005/06/16 20:19  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- -

私は三脚はあまり好きではなかったのですがカーボン三脚にしてから嬉しくて結構使うようになりました。
マクロ撮影時は光を求めて透ける所を探して手持ちでうろつきます。
が・・・腰が痛くて今できないんですよ。
普通にしている分には良いんですがどうも中腰やしゃがむ姿勢だと良くないです。
あ、無茶苦茶悪くないのでご心配なく。
2005/06/17 00:03  | URL | EAGLE #-[ 編集] |  ▲ top

- EAGLEさん -

相変わらず腰の調子は今ひとつですか?
一度診察を受けられてはいかがですか。

しーたけさんも仰っていましたが、腰は
要です。
一家の大黒柱なんですから、無理はされ
ませんように。

私も腰は持病?がありますので、他人事
とは思えないんですよ。
2005/06/17 00:30  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://zeiss1221.blog7.fc2.com/tb.php/65-cb3a342c
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。