2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
撮影結果の違いについて
- 2005/06/20(Mon) -
同じ花を同じような時間帯や天気で撮影しても、撮影結果が大きく違ってくることがよくあります。
今回は、極端な例で比較してみることにします。

では、実際に写真を見てみましょう。
花は「ムラサキカタバミ」です。

IMG_3735.jpg



IMG_3488.jpg

上の写真は遮るものがない、トップライトの状態で撮影したものです。
背景は暗く落ちていますが、直射日光が当たるとても明るい場所です。
撮影データは、ISO100でf/2.8、SS1/800秒となっています。

下の写真は、木の影で薄暗くなっていて、時折木漏れ日が射す程度です。
肉眼でも結構薄暗い感じは受けました。
撮影データは、ISO400でf/4.5、SS1/80秒となっています。

いずれも天気は晴れで、お昼前後に撮影したものです。
ホワイトバランスはオートですから、私が意図的にコントロールできる要素は殆どありません。

下の写真の場合は木の影で暗いことから、色温度の影響がかなりあったのではないかと推測されます。
直射日光であれば正常な発色となるものが、いわゆる青白い光がプラスされてこのような妖しい色になったのでしょう。

このようなことは日陰でもよく起こります。
日陰で撮影すると、人物の顔色が青白く写るのはこのせいなんです。
そういった場合は、曇りマークや日陰マーク(ない機種も見受けられますが・・・)に合せると、健康的な肌色に写ります。
皆さんも、機会があったらいろいろと撮り比べて見て下さい。
きっと「へえー!」と思うことでしょう。
スポンサーサイト
この記事のURL | 写真 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
<<アカバナユウゲショウ(赤花夕化粧) | メイン | 今日の一枚+α>>
コメント
- -

キヤノンのWBは優秀な部類だと思いますがそれでも条件によっては??ってことがあります。まぁ人間の目も時間が経てばはっきり色再現できませんし・・・
最初は撮るだけの写真も慣れてきた色温度(W/B)や絞りなどいろいろ条件を変えてとるのも面白いですよね。
思いも寄らない作品になる事もあります(^^)
2005/06/20 07:24  | URL | しーたけ #-[ 編集] |  ▲ top

- しーたけさん -

二枚目の仕上がりは驚きました。
確かにキャノンのAWBは優秀ですが、仕上がりを見て、「あっ!」
と思わず声を上げてしまいました。

まあ、ある程度は予測していましたが、まさか「光と影」のように
なるとは思ってもいませんでした。(笑)
2005/06/20 15:43  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- 考えます。。 -

色温度。。ケルビンなんて言いますが、難しいですね。
オートにしてこれだけ違うとは。

意図的に変更した事はありますが、ここまで変わるとは考えていませんでした。

色温度を数字で設定できないカメラですが、色々試してみます。
2005/06/20 17:37  | URL | ふん転菓子 #F1fVxx/w[ 編集] |  ▲ top

- ふん転菓子さん -

今日のカキコやレスは全部、北海道からのものです。
ブロードバンド環境ではないので、カメさんみたいです(笑)
自分も3年前まではこうだったんだなあ、と感慨ひとしお。

それにしても、下の仕上がりは想定の範囲外でした。
まさか、ここまで変わろうとは、お釈迦様でも気がつくまい。
てな感じですね。
2005/06/20 17:43  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- 色温度の変換 -

色温度の変換は、銀塩の場合プリント時の調整か、撮影時のフィルター処理で行っていましたが、デジタルになるとホワイトバランスの調整でも変換できるのですね。
日陰で、色が青っぽくなるのを軽く調整するのが『スカイライトフィルター』でしたけど、これならもう、スカイライトフィルターは必要なさそうですね。でも、プロテクトフィルターは必要ですけど…。
2005/06/20 19:55  | URL | きつねのるーと #CjR4k1/2[ 編集] |  ▲ top

- 好きな色です -

2枚目の色は、もとの花の色を知っていればいるほど、鳥肌立ちますね。
先日、近所で白い菖蒲の写真をRAWで撮りました。
現像時にWB変える事によって花自体よりも背景の色味が変わって、いい感じに仕上がりました。
必ずしも実際の色(or記憶色)にこだわらなくてもいいんですね。

PS AWBは写野に白い色が全くないと正常に働かないんじゃないでしたっけ?
2005/06/20 22:24  | URL | yellow skyline #-[ 編集] |  ▲ top

- きつねのるーとさん -

デジタルは撮影時や撮影後(RAWで撮影後、現像処理時に)に
どのようにでもいじることができます。
デジタルの場合、スカイライトやUVフィルターは基本的に必要
がなくなりますね。

プロテクトフィルターは人それぞれですが、私は使っていない
んですよ。
余計な光学系を入れたくない、というのがその理由ですが・・・
PLは結構使いますよ。
ネイチャーフォトの必需品ですから。
2005/06/21 09:24  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- yellow skylineさん -

この場合、正常な発色を期待するには、デイライトか
日陰にすればよかったことですね。
確かにAWBではこの条件では、正常な発色には・・・
仰るとおりです。

私はRAWでは殆ど撮らないので、撮影時に設定をします。
でも、この時はAWBにしていました。
10Dは時々次女も使いますので、基本的にAWBに設定を
していたんだと思います。

ああ、怪我の功名(笑)
2005/06/21 09:29  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://zeiss1221.blog7.fc2.com/tb.php/69-a2f70f2e
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。