2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
カメラを貰った
- 2005/07/03(Sun) -
PENTAX SL

20050703164315.jpg

「もう使わないから・・・」と親戚からカメラを貰いました。
ペンタックスSLという機種で、露出計のついていない完全メカニカル一眼レフです。
このカメラは私が所有しているSPから露出計を省いた機種として、SPよりも遅れること4年、1968年に発売されました。
ついているレンズはスーパータクマー55㎜ f/1.8で、マルチコーティングはされていないレンズです。
フードをつけて撮影しないと、かなりフレアが出そうですね。



PENTAX SP

20050703164324.jpg

こちらは私が所有している、PENTAX SP です。
超ロングセラーで、1964年、ちょうど東京オリンピック開幕の直前に発表・発売された機種です。
最大の注目を集めた点は、TTL絞り込み測光による露出計を内蔵していたことです。
ついているレンズはSMCタクマー55㎜ f/1.8で、ペンタックスが誇るスーパーマルチコーティングが施されており、逆光にも強いことは広く知られています。
それぞれのレンズに反射している色が違うのは、コーティングの差です。

レンズはM42マウントで、Pマウント(プラクチカマウント)と呼ばれていたもので、いわゆるネジコミ式となっています。
M42マウントは1970年代に入ると、カメラのAE化が進む中で次第に弱点が目立つようになってきました。
レンズからの信号をカメラボディーに確実に伝達するためには、一定の角度でボディーに固定されなくてはならず、マウント部にはデリケートな情報伝達のための接点を設けなければなりません。
スクリューマウントでそれを実現するのは困難で、バヨネットマウントはそれを迅速確実に行うことが出来るのです。
こうしてM42マウントは衰退し、ペンタックスもいよいよ1975年にバヨネットマウントのKシリーズを発売するに至りました。

とはいっても、私には思い出深いカメラで、北は北海道から南は沖縄まで全国を旅して歩いた仲なんです。
時には極寒の地で撮影したり、灼熱の地で撮影したり、思い出がたくさん詰まっています。
決して手放すことはないでしょう。


スポンサーサイト
この記事のURL | カメラ | CM(8) | TB(0) | ▲ top
<<ホワイトバランスによる発色の違い | メイン | 石と賢治のミュージアム>>
コメント
- 私のKMは・・・ -

私の初めての一眼、KMは今は手元にありません(;_;)
そうそうSPは初めてのTTL測光でしたね。TTL測光って何?っていう方も最近はじめた方は思うのではないでしょうか?あと露出計も針で振れていたなんていったらビックリでしょうね(^^;
2005/07/03 21:11  | URL | しーたけ #-[ 編集] |  ▲ top

- しーたけさん -

そういえばKMだったって前にどこかで書いていましたね。
私はこいつ(SP)だけは手放せません。
たとえ10Dと20Dを手放す破目になっても(笑)

そうですね、TTL測光が普通となり、オートが当たり前となり、今はデジカメの時代ですもんね。
今度、モノクロでも詰めて、久々に表の空気を吸わせてやろうかな?
2005/07/03 22:01  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- -

私は持ってませんでしたがよく使いました、SPとMX。
中古でいっぱい買って、空の隅々までカバーして流星の写真を撮ったりしたものです。
OM1とCanonEFが一台づつの他は確かペンタだった気がします。
2005/07/04 01:39  | URL | yellow skyline #-[ 編集] |  ▲ top

- yellow skylineさん -

天体写真ですと。メカニカルシャッター機が一番ですね。
おや、EFなんてちょっと珍しいですね。
あれは結構、電子回路がトラブルことが多かったんですよ。
2005/07/04 12:09  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- -

私の始めての一眼レフはNikon FEです。
親父が桜淵公園で水溜りの中にカメラを落としその代わりで買ったものなんです。
中学生になってから頻繁に持ち出すようになり20代前半まで使っていました。
もちろん実家に今でも置いてあります。
シルバーボディが嫌でブラックボディのNikon FE2が憧れでした。
多分EOS Kiss Digitalがすぐに嫌になっちゃったのは性能、操作性じゃなく色だと思います。
2005/07/04 21:14  | URL | EAGLE #-[ 編集] |  ▲ top

- EAGLEさん -

FEとはまたいいカメラを最初に使ったものですね。
当時は黒ボディ=高級といった図式があって、ペンタSPも黒ボディは3000円高でした。
当時(1960年代)の3000円は今の貨幣価値とは違いますから、結構堪えますね。
本音を言えば、私も黒ボディが欲しかったんですよ。
2005/07/04 21:22  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- いいんですか? -

友人のカメラはキヤノンのAE-1(プログラムじゃない)でした。
私はAE-1のスタイルが好きではなくFEの方がかっこいいと思っていました。
やっぱカメラはニコンだなと。
AE-1はシャッタースピード優先、FEは絞り優先機だったのでそれもFEの方が良いなと。
でもシャッター音だけはAE-1の方が良かったんですよ。
多分私はD70とKissDが一緒に出たらD70を買ってたかもしれません。
そしたら多分Finderの世界には行ってないので皆に会ってなかったかも・・・。
ちなみに今はニコンには全然興味がありません。
どんなにキヤノンに嫌がらせ?されてもキヤノンが好きです。
いや何となく・・・。
2005/07/04 23:23  | URL | EAGLE #-[ 編集] |  ▲ top

- EAGLEさん -

FEはいいカメラですよ。
ミラーのダンパーが弱かったのか、時々ミラーアップした状態のカメラが修理で回ってきましたが・・・

基本的に私は絞り優先ですから、当時のキャノンは購入対象外でしたね。
今では、どちらも使いますが、やはり絞り優先の方が圧倒的に多いです。
2005/07/04 23:42  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://zeiss1221.blog7.fc2.com/tb.php/81-6285375c
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。